工場管理とは? 工場の生産管理力を高める3つのポイント

 2021.05.10  株式会社システムインテグレータ

工場管理についてご存知でしょうか。工場での生産をより効率的にするために行う数々の施策のことをまとめて工場管理と呼んでいます。
これは現場レベルと工場全体の業務両方の視点から見ることで工場の生産力を上げていこうとする試みです。工場は存続しなければ意味がありません。そのためには品質の良いものを効率よく生産することで「利益」を生み出す工場が最も望ましいでしょう。

今回は工場管理とはなにか、取り組む内容、実践的な3つのポイントについて記述し、工場管理の全体像を解説します。

工場管理とは

一般的に「生産管理」を主軸として、以下のような管理項目を工場管理としています。

  • 工程管理
  • 品質管理
  • 資材/運搬管理
  • 設備管理
  • 安全管理
  • 衛生管理

これは具体性のある現場レベルの観点であり、工場を取り巻く全体的な観点から見ると、「施設をどう配置するか」「工場をどこに立地し建設するのか」という計画段階から管理することも工場管理として含まれます。

工場を管理することは、一定の品質保持に役立つことや、効率的な作業を促すための大切な施策です。工場管理が軌道に乗っていない場合、低品質の製品や、非効率的な作業による残業時間の増加はもちろんのこと、最大の利益に到達できない可能性があります。
最悪の場合、従業員の怪我・事故などのインシデントの危険まで考えられる重要な項目です。そのため工場管理は各項目に責任者が割り当てられます。

工場管理の目指すもの

工場管理をすることで生産能力の効率化や、コストの抑制、高品質な製品の生産性アップなど、管理によって目指すべき項目は多数存在しています。例えば、安全に関して目を向けてみましょう。工場では基本的には作業手順がマニュアル化されているため、本来であれば従業員は安全に製品を作ることが可能になっているはずです。

しかし、マニュアルの簡略化や作業手順以外の項目を行う工場はゼロではないことがあり、それによって重大インシデントにつながることがあり得ます。効率化にばかり目が向いてしまうことで設備の点検がおろそかになり、逆に非効率になってしまいます。

上記のような管理不足が、結果的に製品の品質を落とすことになり、究極的に経営の改善を行うという目標に到達することができなくなってしまうのです。工場管理の一つひとつが安全、品質、効率、経営のすべてと通じており、すべてを管理することで効率化につながるといえます。

工場管理で行うこと

工場管理では具体的に5つのポイントに絞って効果的な管理を行います。他にもありますが、最低限管理するべき項目は次の通りです。「生産」「工程」「品質」「設備」「安全」この5つが工場管理においては重要といえます。

様々な業務の負担を軽減する生産管理

製造業において「生産管理」の業務は欠かすことのできない要素のひとつとなっています。生産管理の名の通り生産を管理することはもちろんですが、それだけではありません。
生産する行動には材料や人材、設備、計画などが必要です。企業は市場の状況から生産プランを立て、準備が整った段階で生産を行います。生産管理の業務はその際に市場を捉える役割を担っています。それを元に計画を考え、どれだけ適正に出荷されるのか対局的に判断する業務であり、生産を管理することだけがゴールではないといえるのです。
つまり、生産を管理することはもちろん、予算、市場、製造などを包括的に管理するのが生産管理の大きな特徴であるといえるでしょう。

生産性を効率化させる工程管理

工場内部で行われる業務活動を大きく「生産管理」と呼んできましたが、さらに管理体制を細分化することで生産性の効率を上げることができます。特に製造の過程に関連する管理体制を「工程管理」と呼んでいます。工程管理によって生産活動の実行計画が立案されます。加えて実行する際に、直面する問題、課題、懸案などを統制、調整、監督することが工程管理の主な業務です。組まれたスケジュール通りに円滑に生産を続けることを最大目標と捉えるのが工程管理の役割です。

工程管理を行う際には「運搬管理」や「物流管理」との連携が欠かせません。運搬管理においては生産ラインに対して部品の供給を行う必要があり、物流管理によって物の流れを管理することが大切です。この2点との連携を欠いてしまうことで、実行計画通りに物事が進まないという問題が発生するため、必ず連携を取り、より合理化できる点があれば改善を行うことが重要になってきます。

品質を一定に保つ品質管理

製造現場において、「品質管理」は不良品を生み出さないために存在している管理部門です。製品の品質が確かであること、それを検証して保証まで行うことが品質管理の大きな役割です。そのため品質管理は顧客満足度に直結しており、品質管理が劣悪な場合は、顧客満足度の低下にダイレクトにつながります。

また、品質を管理するという面だけではなく「衛生管理」の側面からも品質を管理するという取り組みが必要です。特に食品、医薬品の分野では、衛生管理が重要視されています。すでに厚生労働省の取り組みにおいて、「HACCPシステム」という管理方法が通達されており、食べ物や医薬品の安全性を確保するために、工程、加工、流通、消費のすべての段階で衛生的に取り扱うことが必要であるという考え方が国際的に認められています。
不良品を出さないということも大切な品質管理の考え方ですが、衛生的な問題も品質を担保する管理のひとつであることがいえるでしょう。

生産能力を維持する設備管理

「設備管理」の業務とは施設の安全性の担保、企業であれば生産設備の定期的な点検、および問題があった場合の修理によって、生産能力を維持することにあります。当然ながら経年劣化する設備はメンテナンスが欠かせません。ですが最も望ましいのは故障する前の段階で気づくことにあります。故障や機能の低下は徹底した管理体制の中に置くことで、予防することが可能になっています。

近年ではIoTセンサーを利用することによって、設備の情報を事前に取得することが可能となってきており、生産設備の情報を素早く集約し、見える化によって初動段階での故障や機能の低下に先んじて気づくことが可能です。最大の目的は生産能力を維持することにあります。

従業員の安全を確保する安全管理

製造現場における重大な業務は効率化や生産能力を維持することだけではありません。企業で働く従業員に対して安全を保障し守ることも管理するべき業務の一環です。「安全管理」と定義されており、効率化や生産能力とはまた別の視点からの管理が必要とされています。
特に製造業では、常に設備が稼働しているため、安全確認を怠って設備の点検やチェックを行えばヒヤリハットの段階で止められたものがインシデントへすぐに直結するでしょう。
そのため、安全管理では、従業員に対して安全に関する教育を施すことはもちろんのこと安全調査を実施することも業務となります。ハードの安全性だけではなく、利用する側のソフトの管理も安全管理の業務の一環です。

工場管理実践の3つのポイント

工場管理を実践するにあたってのポイントは、生産管理を行うための情報を収集すること、現場での実践が可能であること、ERPを導入し合理化を計ることです。これら3つのポイントに関して詳細を解説していきます。

生産管理のための情報集約

これまで紹介してきた管理の情報はすべて経営の視点における生産管理につながっています。現場の様々な管理情報を把握し、工程管理によってスケジュールは管理され、その全体像を俯瞰して生産管理が行われています。

最終的に行われるべき行動は情報が集約され、経営陣を含む上級職が各々管理している現場から上がってくる情報を集約・可視化したうえで、把握に努めることです。そのために情報を集約する。そして集約した情報から問題点、課題を見出さねばなりません。見える化された情報がそのままにされているのであれば管理体制は必要ないからです。

現場で実践可能であること

工場管理において必要なことは、現場が実現できる必要があるということです。現実的ではない管理手法や情報の把握をしようとしてもコストに見合わない結果が待っています。また、実現が可能であるからこそ、効果を確認できるのであり無理な方法を提案するのは現場と上級職との見ている世界に違いが発生していることがいえるでしょう。

そのため、上級職は現場に対して正しい情報の吸い上げを行い、コストに見合った現実的な方法を取ることが望ましいとされています。例えばタブレット端末をもちいて情報収集を行うことで、現場との双方向のやりとりも可能となるでしょう。

ERPによる合理化

ERPはEnterprise Resource Planningと呼ばれ、経営などにおける業務システムを集約したITシステムです。顧客管理や生産管理なども可能であり、工場管理の情報も集約することもできます。

経営陣を含む上級職にとっても、経営情報と工場管理の集約された情報を統合して扱うことが可能となるため、一体になって事務処理や戦略立案を可能にするメリットがあります。
またクラウド上で動作可能なERPを採用すれば、モバイルやタブレット端末でも操作が可能となり、現場での実現可能性がより向上し、双方向の情報のやりとりが可能であるといえます。

そのため工場管理を徹底したい、合理化・効率化を計りたいと考えている企業に関しては、ERPの導入を行うことが望ましいといえるでしょう。また、その際にここまでの話の内容を実現することが最も容易なERPは「GRANDIT」と呼ばれるERPソリューションです。基本機能では工場管理向けではないと判断されがちですが、製造業向けのアドオンモジュールが存在しているため、製造業であっても非常に特化された合理化・効率化を計ることが可能となっています。

まとめ

工場管理の基本的な内容から、様々な管理体制、そのためのポイントなどについて解説しました。工場管理を行うことで経営陣だけではなく、企業全体がその恩恵を得ることができるでしょう。
また、GRANDITなどのERPソリューションを活用することで、企業の経営陣と現場の状況を見える化し、判断できるため、問題の解決や課題について早期発見が可能となります。
効果的・効率的に工場管理を行いたい場合は、ERPツールの導入を行い、その効果を即座に実感するのが良いでしょう。

CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「製造業」の最新記事


製造業

製造管理とは? 製造業で製造管理が求められる理由

製造業

棚卸資産管理とは? その目的と効率的な進め方

製造業

購買管理とは? 購買プロセスで求められる3つのポイント

製造業

製造業の部品・在庫管理に欠かせない「BOM(部品表)」とは?種類や効率的な管理方法まで解説!

工場管理とは? 工場の生産管理力を高める3つのポイント

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング