GRANDIT on AWSの特長(柔軟性・拡張性)

特長1サーバのスペックアップ/ダウン

長期間の利用による負荷の増加や、複数会社のセキュリティを維持したシステム構築(マルチカンパニー)などによるサーバスペックアップを行う場合、数分程度の設定作業でサーバスペックアップが可能です。データセンターに自前のサーバを 設置する場合と比べて、手配期間の短縮や構築作業にかかる負荷軽減が見込めます。

また、構築時に最大負荷を想定して購入する自前のサーバとは異なり、負荷が低くなった場合にサーバ台数を減らしたり、スペックを落としたりすることが可能です。夜間や週末などサーバを利用しない時は、停止させたりすることでコストを低 減させることも可能です。

特長2各種サービスのパフォーマンス維持

ロードバランサ、ファイアウォール、ストレージ管理などAWSが提供するサービスは、AWS側で負荷に応じて増強されるので負荷管理の必要がありません。

特長3開発テスト環境、ステージング環境の増減

本番環境の構築はもちろん、開発テスト環境やステージング(システム公開前に本番環境とほぼ同じ環境で最終確認を実施)環境を設定作業で簡単に用意することが可能です。また、開発テスト環境からステージング環境、本番環境への移行も容易に行えます。 これらの環境が不要となった時点でクローズすればコスト削減が図れます。また、再度必要となった時点で直ぐに復活することも可能です。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方
失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

システムインテグレータが数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴をマンガ形式でまとめました。

無料Eブックをダウンロード