日用品卸売様向けERPソリューション

一覧に戻る

日用品卸売業では、得意先が大手量販店というケースが多くあります。その場合、大手量販店ではEDIを利用した取引が基本となりEDIによる受注処理が必須要件となります。

大手量販店では多店舗展開がされているケースが多く、本部からの注文に対して受注、売上、請求は対本社一括であっても多数の納品先を紐付きで管理、処理する必要があります。

また、商品の回転が早いため過剰在庫を保有することがないように、常に在庫回転率や滞留在庫の管理徹底が必要となります。商品在庫は自社倉庫の他、外部委託倉庫が利用されることも多く、その場合外部委託倉庫との受払データの連携が求められます。

大手量販店とのEOS/EDI取引

GRANDITは、EOS/EDI連携を想定したデータインターフェースを標準で用意しています。
さらに、連携実績のあるEOS/EDIシステムと組み合わせることで、全銀TCP/IPやJCAといったレガシーEDIの他、流通BMSにも対応したEOS/EDI取引環境を構築することが可能です。
また、GRANDIT標準でBtoB EC機能を実装しており、専用ソフトを利用しないWeb-EDIへの対応も可能です。

得意先と複数納入先の紐付け管理

GRANDITでは、得意先と複数の納入先が管理可能なマスタ体系となっています。
そのため受注時に得意先(法人)に対して、納入先(店舗)を任意に設定することが可能です。
また、取引先(法人)>得意先(地域統括店舗・売上/請求先)>納入先(各店舗)といった管理も可能です。

適正在庫管理

GRANDITの在庫照会機能では、滞留在庫、不動在庫の管理・照会が可能です。
商品ごとに滞留期間をリアルタイムに照会し、長期滞留在庫商品、数量を把握することが可能です。
また、商品ごとに安全在庫や発注点の設定・管理を行い、発注点を下回った商品については定点発注処理をすることも可能です。

外部委託倉庫とのデータ連携

GRANDITでは外部委託倉庫との受払データ連携を行うためのデータインターフェースを標準で用意しています。
外部委託倉庫への出荷指示、入荷予定データの送信、外部委託倉庫からの出荷実績、入荷実績データを受信して在庫の受払データを作成し、これに基づく在庫管理が可能となります。

商社・卸業向けアドオン・テンプレート一覧

データ連携オプション SI EAI for GRANDIT

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

ERPの導入は、その影響範囲の大きさから失敗する企業が後を絶ちません。

システムインテグレータでは、数多くのERP導入支援の経験やアンケートから失敗するプロジェクトの特徴を把握しています。

今回、特別にその情報をわかりやすい漫画形式のEブックにまとめさせていただきましたので、この機会にぜひダウンロードしてください。

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方