ER図 ドメインを活用して自動で属性を生成

 2017.02.21  株式会社システムインテグレータ

DB設計はもっとスマートに、そう、OBERならね

こんにちは、ERトコ管理人です。

今日もせっせとSI ObjectBrowser ER(以下OBER)でデータベースを設計する毎日です。

トコろで、同じ項目を何度も書いたり、手で書いたせいで表記揺れに悩まされた、なんてことありませんか?
OBERはドメインを活用することでそんなお悩みを解決します。

用意するもの

SI ObjectBrowser ER × 1

作り方

ドメインの作成はいくつか方法がありますが、今回はわかりやすくツリーから作りましょう。

よく使う項目はあらかじめ名前などを決めておきます。

ERトコ_370_01.png

データベース設計・移行に関するお役立ち資料

作ったドメインは使わなくてはもったいない!

ということでエンティティにセットしてみましょう。

ERトコ_370_02.png

なんということでしょう。

ドメインを設定しただけで名前なども勝手に設定されました。

さらに、モデル作成時には左のツリーから、エンティティへドラッグ&ドロップすることでも設定できます。

ERトコ_370_03.png

こんな便利機能もっと早く知りたかった、もうたくさん作っちゃったよ。

という方も遅くありません。

ここがポイント

属性一覧からドメインを簡単に作成、設定までできるんです。

ERトコ_370_04.png

ほら、この通り。

ERトコ_370_05.png

簡単」で「綺麗」なDB設計とはなんともスマートな感じですね。

これで今日からあなたもOBERマスター!

SI Object Browser ER ガイドブック

RECENT POST「OBERをトコトン極める」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!