製造管理とは? 製造業で製造管理が求められる理由

 2021.05.10  株式会社システムインテグレータ

製造管理の利点や必要性をご存知でしょうか。ときに生産管理と同じではないかと考えられている製造管理ですが、生産と製造では管理する観点が異なります。

今回は製造管理とはなにか、生産管理との比較を行うことでその違いを明らかにし、製造管理の必要性や、メリットについて述べ、効果的な管理ソリューションと合わせて製造管理の全体像を解説します。

製造管理とは

「製造管理」は「生産管理」よりも狭い意味で利用されるカテゴリで、基本的には製造の現場における作業工程の管理を意味しています。生産管理が設計や調達、作業などの生産を、品質と原価、数量、納期の点から管理することを意味し、全体の管理と位置付けるとその差が理解できるかと思います。
あくまでも製造管理は製造に寄り添った作業工程の管理であり、生産管理に内包されている狭義の役割であると捉えるのが良いでしょう。

製造管理・生産管理・品質管理の違い

管理には多様なカテゴリがあり、製造・生産・品質管理の違いを明らかにします。生産管理は「生産を、品質と原価、数量、納期の点から管理する」と述べました。つまり生産管理は製造現場の以外のプロセスを管理する全体包括的存在です。ベン図で考えるとわかりやすいですが、生産管理は大きな円ですべての工程を管理しています。それに比べて、製造管理は大きな円の中の製造現場という円の中にあるより狭義の内容で、製造に関する具体的な遂行を管理するプロセスです。
では品質管理はなにかというと、製造管理の中に内包される品質特化という円で表すことができるのが品質管理です。生産管理>製造管理>品質管理のように粒度が細かくなっていくと考えるのが理解しやすいでしょう。
品質管理には定義があり「要求に見合った製品を、経済的に生み出すための手段の体系」とされています。つまり、性能、納期、数量を顧客が望む要求に見合うための管理といえるでしょう。

製造業で製造管理が求められる理由

製造業における重要なことは当たり前ですが製造です。近年は自動化や効率化の面だけではなく、ニーズが多様化していることなど「製造」に求められている役割はとても大きいと考えることができます。

現場での製造こそが製造業の核心

製造業において製造は業務の核です。車に例えるならエンジンであり、生産管理は車全体のメンテナンスの管理とするならば、製造管理とはエンジン専門のメンテナンスであるといえます。そもそも生産管理の担当と製造管理の担当では職位にも違いが存在しているため、生産管理ができるといっても製造管理ができるとは限りません。これは逆のこともいえます。

また、企業の規模によって生産管理と製造管理のあり方に違いが生まれます。大企業になればなるほど、機能の分化が起こり生産・購買・物流・計画は現場から離れた場所に存在し、狭義の管理になればなるほど、専属性が高まり、必要性が出てくると考えることができるのです。つまり製造に焦点を当てた製造管理は効果的な価値を持っているといえます。

製造の自動化と効率化は近代の一貫した流れ

製造は歴史の中で常に効率化や自動化と共にあります。産業革命が起こったときにも蒸気機関による原動力の確保により、製造はより効率的に、より自動化を推進してきました。あるいはフォードの内燃機関によって、産業と交通に革命をもたらしていることは歴史に学ぶことができます。
製造は常に自動化と効率化の流れの中にあり、近年で例を挙げるとすればICT技術の発達が、製造管理に新たな可能性を開いたのはいうまでもない事実です。
つまり、製造は常に合理化の一途をたどっており、近代になって自動化と効率化が進む中で製造に対して焦点を当てることは必ずと断言して良いほど必要な流れであるといえます。製造管理を行うことが近代の流れの新たな一面と考えられるでしょう。

製造業を取り巻く環境の変化

変化しているのは製造の技術的な革命だけではありません。近年はITの発達によって、個人それぞれのニーズを把握することが可能となりました。これは多様なニーズに対応するために、製造プロセスが複雑化していることの現れでもあります。
社会的には称し高齢化に伴って、労働力が不足し、海外からの労力を必要としている現状もあります。これらはすべて製造の変化ではなく取り巻く環境の変化です。
製造は製造業における核ですが、変化に対応できない製造は時代の変化に追いつくことができません。常に変化する環境に対して柔軟な変化が必要となるのです。そのためには客観的に製造を管理する存在が必要になります。それを満たす存在が製造管理といえるでしょう。

製造管理のシステム化がもたらすメリット

製造管理にシステムを導入することで、管理しきれない情報を処理することが可能となり、合理化された製造は必要な労働力で事足りるようになります。時代のニーズの変化により大量生産、大量販売から変革期を迎えているのです。

情報過多からの脱却

製造過程が複雑化し機械化が進んできたことで、製造に関連する情報量はすでに人的管理の限界を超え膨大な量になっています。情報処理を行う人間に対して膨大な情報量が与えられているため、処理の限界を超えているといえます。
そのため製造管理のシステム化を行うことで、ボトルネックになっていた膨大なデータ処理が現実的な時間で完了することができるようになるのです。製造管理のデータ管理も情報過多から脱却するべきでしょう。

労働力不足の解消

システム化を行うことで得られるメリットは今まで管理に割いてきた人員の削減です。製造管理が合理化されるということは、管理に対しての人員が最小限で済みます。システムによって最適化された製造管理によって、無駄なプロセスの洗い出しや効率化が行うことが可能となり、それによって今まで配置していた人員に対しての合理化が見込めます。
労働力不足は少子高齢化の問題もありますが、まずは効率的な人員配置にすることで労働力を確保することが可能となるのです。

多様化するニーズへの対応

近年のニーズの多様化に対して、製造も同じだけ多様化しなければなりません。すでにマスプロ・マスセールと呼ばれる大量生産・販売の時代は終わりを告げました。単純な大量生産は必要なく、ニーズにそった製造が必要とされている時代です。多品種少量生産と呼ばれるマスカスタマイゼーションが興り始めています。製造管理をシステムに自動的に制御させることで、近代的な製造管理を行い、顧客のニーズの多様化に柔軟に対応できる製造を実現することができるでしょう。

製造管理システムに求められるもの

製造管理システムは当然ですが、製造業に特化していることが必要です。また、企業の規模にもよりますが、離れてしまいがちな生産管理と製造管理をつなぐ役割であること、それらを解決する製造業向けソリューションの存在が必要でしょう。

製造業に特化していること

ERPと呼ばれる管理システムは世の中にすでに数多存在していますが、業種や業態によって必要な機能は変わってきます。そのため、製造業には製造業に適したERPを利用することが大切です。製造管理に役に立たないERPを導入してもコストがかかるだけで、本来の目的である製造管理の効率化に至ることができないからです。そのため製造業に特化したERPを選択する必要があるでしょう。

生産管理と製造管理をつなげること

生産管理と製造管理はカテゴリとしては似ている存在ですが別のものであることは上述した通りです。
また企業の規模によって生産と製造の管理部門が別の場所であることも珍しくなくなりました。その中で必要になってくることは生産管理と製造管理との接続性です。企業の戦略に製造管理を活かすために、生産と製造は密接な関連が必要なのです。

GRANDIT製造業向けソリューション

ERPの中でも完全統合型Web-ERPである「GRANDIT」は製造業向けソリューションであることから、これまでの問題を解決するための現実的な解決策であるといえます。
GRANDITは製造業に特化した支援サービスを売りにしており、包括的な生産管理の実現に役立つERPであることがいえます。また、製造業向けソリューションにより、製造管理特有のニーズが補われることが大きな利点です。

一般的なERPというのは追加機能を後から拡張することで業務効率の改善を図ろうとしますが、すでに動き出している業務に対して継ぎ足しの開発をすることはデータの管理や、接続性に難があり問題解決の役割を果たすことができません。

しかし、完全統合型Web-ERPのGRANDITは初期段階から多様な機能の接続に重きを置いているため、密接な関連性を持って各管理機能を活かすことが可能となっています。
製造業が抱える課題も最小限のカスタマイズで対応できることや、完全Web対応であることから外出先でも承認や状況の確認を行うことができ、製造業のための現実的なERPであるといえるでしょう。

まとめ

製造管理の基本的な内容から生産管理との違い、製造管理が今後求められていく理由について解説しました。管理による効率化が高度化している近代において、製造管理が担う役割、より効率的な管理方式は製造業における必須要素となり得るでしょう。

また、GRANDITによる製造業向けのソリューションを活用することで、問題の改善、各管理機能が効果的に役割を果たすことの、つながりになることは間違いありません。GRANDITと連携して企業全体の効率化を図っていくことで、より高度なニーズに対しても対応できる製造業として時代と共に進みましょう。

CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「製造業」の最新記事


製造業

工場管理とは? 工場の生産管理力を高める3つのポイント

製造業

仕入管理とは? 製造業における仕入れ業務を効率化するポイント

製造業

製造業における在庫管理のあり方は?よくある課題と適切な管理方法まで解説

製造業

製造業の部品・在庫管理に欠かせない「BOM(部品表)」とは?種類や効率的な管理方法まで解説!

製造管理とは? 製造業で製造管理が求められる理由

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング