電子商取引とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

コンピューターネットワークを用いてお金と物品のやり取りをする行為を電子商取引と呼びます。電子商取引は別の呼び方もあってeコマースとも呼ばれている行為です。インターネット上にあるオンラインショップで買い物をする以外にもホテルや旅行の予約を入れる行為も電子商取引に該当します。日本では1990年代の後半くらいから始まっているサービスです。スマートフォンの普及により誰でもインターネットを使える様になったことから多くの人が利用しています。具体的に2つの電子商取引が用意されています。個人向けに商品を売るBtoCと企業や個人事業主向けに商品を売るBtoBがあります。

ECサイトを利用して商品を購入するのが一般的な電子商取引ですが、他にもフリーマーケットやインターネットオークションなども電子商取引に該当するサービスです。こちらは企業や個人事業主が商品を売る以外に、一般の方も商品を売る事が可能です。電子商取引は店舗を持たずインターネット上で運営できるので実店舗のランニングコストや初期コスト削減にも活用できます。

新規CTA