電子決済とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

電子決済はデータのやり取りだけで決済することが出来るシステムで、現金を使う必要がないのが特徴です。電子決済にはクレジットカード決済や電子マネーを利用した決済、インターネットバンキングやプリペイドカード決済など色々な種類があります。商品をレジに持っていき、店員に決済をして貰う実店舗ではもちろんのこと、ECサイトなどでも幅広く利用されています。

ECサイトのクレジットカードを用いた決済は後払い方式です。ECサイト上で決済をして、後日クレジットカード会社から代金が請求される仕組みです。ECサイトの運営側がクレジットカード会社へ申し出れば、ECサイト上で使えます。電子マネー決済ではスマホアプリなどと連動して、クレジットカードから支払いを行ったり、チャージしたものから支払が行われます。プリペイドカード決済は先払いで決済をします。インターネットバンキングは、決済処理を済ませると口座から代金が引き落とされるのです。

電子決済の種類によってはポイントを付けることが出来たり、商品と交換するサービスを展開することも可能です。

新規CTA