小売業とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

小売業とは卸売業者などから商品を購入し、消費者に販売する事業のことを指します。
高度経済成長時代の時はメーカーから送られた商品をただ店頭に置いて販売するだけでした。しかし、今となっては消費者との接点が濃い小売業側が商品を選んで売るというスタイルができてきました。消費者が何を欲しているのかを考え、把握して販売するので小売業はとても重要な役割を果たしています。小売業は店の規模に合わせて百貨店やチェーン店などの大規模小売業と専門店などの中小規模小売業に分けられます。

今まで小売業とは店舗をかまえてからものを売ることが当たり前でした。しかしEC事業(インターネット販売などを指します)が始まり実店舗を持つことなくインターネットサイト上でものを売る小売業者もでてきました。ネット上で商品を売ることで近隣の地域だけでなく、他県や海外などの遠くの消費者を得ることで販売の視野を広げることができるからです。消費者からすれば買い物をしたときに手元にお金がなくても決済方法が様々なので便利です。

新規CTA