純広告とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

純広告はメディアの広告枠を買い取って掲載する広告を意味します。従来の純広告は新聞や雑誌、テレビなどのマスメディアが主流でした。これは多くの人の目に触れやすく、宣伝効果が高いのが理由です。近年では価値観の多様化、及びインターネットの普及による宣伝方法の変化からECサイトを純広告化させるケースが増えています。本来のECサイトは自社で扱う商品やサービスをインターネットを経由して販売するサイトですが、会社によっては他社の商品やサービスを扱う所もあります。その枠を広告扱いとして買い取らせるのがECサイトの純広告化の仕組みです。情報を逐一更新できる利点を活かしたネット広告は新規の顧客を確保するのに最適な方法として注目されているのです。

ECサイトの純広告は従来の純広告と同様に広告枠を買い取って宣伝する仕組みなので、ECサイトの運営元とはまったく関係が無い内容の広告が載ることもあります。ECサイトの運営元はあくまでも宣伝の場を提供しているだけなので、広告内容に対する責任は負わない点を注意しなければいけません。

新規CTA