SCMとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

SCMは 、Supply Chain Management(サプライチェーンマネジメント)の略で、自社や取引先との間において商品の受発注や在庫、販売、物流などの情報を管理する手法、または、その情報システムのことを指しています。EC サイトで販売する商品は、原料や材料が半加工されて、さらに最終加工が施されることによって顧客に提供できる品物へと変化していきます。商品が顧客の元へ届くまでには、さまざまな過程を経ているといえるでしょう。そのような商品の流通において、SCMを導入することで、効率化を図ることができるとも考えられます。

SCMを通じてそれぞれの間で情報を共有しながら商品の生産を行うことにより、需要変動などにも素早く対応することが可能です。そのため、顧客のニーズに応じることができ、なるべく早く要求を満たすことが可能になります。商品を作り上げるために関係している多くの部署や企業と連携し、あらゆる場面で情報を共有し、より良い売り上げに繋ぐことができるシステムであるのが、SCMだといえるでしょう。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事