キャッシュレス決済サービス「PayPay」と標準連携 ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping V12.9」をリリース

 2020.09.01  株式会社システムインテグレータ

株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区、代表取締役社長:梅田弘之、東証1部 証券コード3826、以下「当社」)は、ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」の最新バージョン「SI Web Shopping V12.9」を2020年9月1日にリリースしました。

SI Web Shopping V12.9について

「SI Web Shopping V12.9」では、ECサイト利用者の利便性向上と、ECサイト運営者に堅牢性の高いシステム基盤を提供することを目的に、決済サービスPayPayの標準対応と、バックサイト・CMSの脆弱性診断を実施しました。

1.決済サービスPayPay標準対応について

「SI Web Shopping V12.9」は、ECサイト利用者の利便性向上とECサイト運営者の売上拡大を目的に、PayPay株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中山 一郎)が提供する決済サービス「PayPay」(※1)と標準で連携しました。

 SI Web Shoppingの標準決済モジュールとして採用しているベリトランス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:篠 寛)の提供する総合決済ソリューション「ベリトランス4G」のQRコード決済サービスを通じて利用することが可能になります。

 オフライン店舗でのキャッシュレスサービスとして利用者数が拡大しているPayPayをECサイトでの決済に利用できるようにすることで、更なる利便性の向上を図ることができます。

※1 PayPayについて

スマートフォン向けのQRコード決済サービスです。オフライン・オンラインでの決済が可能で、決済のみでなく個人間送金(PayPayユーザー同士)も行うことができます。オフライン決済の場合、「店舗設置のQRコードをスマートフォンカメラで読み取って金額を入力」、「スマートフォンに表示されるバーコードをお店に読み取って支払う」といった方法で決済を行います。
PayPayは今までにユーザー向けにお得なキャンペーン施策を多く打ち出し、堅調に登録ユーザー数を伸ばしてきました。そして、2020年7月にPayPay株式会社が登録ユーザー数3,000万人を突破したことを発表しています。利用者数の多い決済サービスに対応することで、ECサイト利用者にとって利便性が向上するだけでなく、ECサイト運営者はPayPayの導入により、3,000万人を超えるPayPayユーザーを潜在顧客として自社ECサイトへ誘導することが期待できます。

2.バックサイト・CMSの脆弱性診断について

SI Web Shoppingは、IPA(情報処理推進機構)が提唱する「安全なWebサイトの作り方」に準拠して構築しています。「SI Web Shopping V12.9」では、第三者機関のWebセキュリティ診断をバックサイトおよびCMSオプション(※2)に実施しました。診断の結果、セキュリティリスクの高い脆弱性は検出されなったことから、安心・安全なECサイトの提供が可能であることを改めて証明することができました。

セキュアなデジタル基盤を構築しお客様へ提供することは、お客様からの信頼を獲得する上で欠かせません。「SI Web Shopping V12.9」を採用することにより、EC事業者様そしてECサイトを利用する消費者に対して、一層安心してお買い物いただけるECサイトを構築することができますタル基盤を構築しお客様へ提供することは、お客様からの信頼を獲得する上で欠かせません。「SI Web Shopping V12.9」を採用することにより、EC事業者様そしてECサイトを利用する消費者に対して、一層安心してお買い物いただけるECサイトを構築することができます。

※2 CMSオプションについて

CMSとは、HTMLやCSSといったWeb制作に必要な専門的な知識が無くても、Webサイトやコンテンツを構築・管理・更新できるシステムです。CMSを利用することで、コンテンツの修正・追加をGUIベースで直感的に行うことができ、編集コンテンツをシームレスにフロントサイトへ反映することができます。

■今後の展望について

ECサイトへの多様な決済手段のニーズは年々増加しています。EC向け後払い決済サービス「Paidy」を展開する株式会社Paidyの決済に関する調査結果(2018年6月実施)によると、ECサイトに希望する決済手段がなかった場合「他のサイトで購入する」と回答した人が55.4%、「購入自体やめる」と回答した人が16.3%にも上り、7割以上のユーザーが離脱することがわかっています。

このような背景からECサイトでの多様な決済サービスへの対応ニーズは、今後も高まると考えられます。顧客ニーズを正確に反映することは顧客のファン化や企業全体のブランドイメージの向上にもつながります。

「SI Web Shopping」をECビジネスのコアシステムと位置づけ、堅牢なEC基盤をベースに顧客の繊細なニーズを満たす製品としてEC事業者様の売上向上への貢献を進めて参ります。

ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」とは

「SI Web Shopping」は1996年に日本で初めて販売されたECサイト構築パッケージです。累計1,100本の実績を持ち、さまざまな有名ECサイトに使われています。発売以来20年以上、時代のニーズに合わせて機能改良(バージョンアップ)を続けており、2020年9月に最新版「SI Web Shopping Ver12.9」をリリースしました。専門的なマーケティング製品との柔軟な連携性、堅牢なセキュリティで、拡大を続ける日本国内のECビジネスを支えますb Shopping」は1996年に日本で初めて販売されたECサイト構築パッケージです。累計1,100本の実績を持ち、さまざまな有名ECサイトに使われています。発売以来20年以上、時代のニーズに合わせて機能改良(バージョンアップ)を続けており、2020年9月に最新版「SI Web Shopping Ver12.9」をリリースしました。専門的なマーケティング製品との柔軟な連携性、堅牢なセキュリティで、拡大を続ける日本国内のECビジネスを支えます。

近年では東急株式会社様に、高い品質と高いカスタマイズ柔軟性をご評価頂き、『Tokyu Storeネットスーパー』『SALUS ONLINE MARKET』『ギフト日和』の基盤として「SI Web Shopping」をご採用頂きました。

製品ホームページ:https://products.sint.co.jp/siws

システムインテグレータについて

会社名 株式会社システムインテグレータ
証券コード 3826 (東証一部)
所在地 埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー32階
設立 1995年3月
代表者 代表取締役社長 梅田 弘之
資本金 3億6,771万円
URL https://www.sint.co.jp/
事業内容
  • パッケージ・ソフトウェアおよびクラウドサービス(SaaS)の企画開発・販売、コンサルティング(ECソフト、ERP、開発支援ツール、プロジェクト管理ツール、プログラミングスキル判定サービスなど)
  • AIを使った製品・サービスの企画開発および販売、AI関連ソリューションの提供・支援およびコンサルティング

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社システムインテグレータ
E-Commerce事業部:河田
TEL:03-5768-7695
E-mail:webshop@sint.co.jp

記載されている商品名は、各社の商標または登録商標です。
※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。

CTA

RECENT POST「ニュースリリース」の最新記事


ニュースリリース

国際的な情報セキュリティ基準「PCI DSS」に対応 ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping V12.3」をリリース

ニュースリリース

Amazon Aurora with PostgreSQL Compatibilityに対応 ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping V12.4」をリリース

ニュースリリース

軽減税率に標準対応 ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping V12.6」をリリース

ニュースリリース

「PostgreSQLバージョン12」に対応 ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping V12.10」をリリース

キャッシュレス決済サービス「PayPay」と標準連携 ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping V12.9」をリリース

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング