タグマネージャーとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

タグマネージャーとは効果測定用タグや広告タグなどを一元化するツールです。利用する際には、対象のWebページへタグマネージャーコードを入力します。ECサイトを新設する場合は、そのタイミングでコードを入力しておくことが望ましいです。タグマネージャーのメリットは、タグの管理がしやすいことで、引継ぎをしっかりと行えば長期間の管理ができます。また、ページを読み込むスピードも速くなるため、使い勝手も良くなるでしょう。ただし、タグマネージャーで全てのタグを管理できるとは限りません。例えば、同期が必要なタグは、対象外なのです。さらに、管理画面上で設定できない項目もあります。

タグマネージャーが必要なのは、「コンバージョンタグ」「効果測定タグ」「リターゲティングタグ」を利用する時です。この3つを利用する場合は、タグマネージャーを利用すると便利でしょう。

新規CTA