SSLとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

SSLとはSecure Socket Layerの略で、使用しているブラウザと閲覧しているサーバー間の通信のやりとりを暗号化する仕組みのことです。簡単にいうと、自分がその時に閲覧しているサイトと使っているパソコンやスマートフォンなどの通信を読み取られないように暗号化しているのがSSLです。

SSLにはその他に、データの改ざんやなりすましを防止する役割も持っています。ホームページなどをSSL化すれば、もしも他者が悪意を持ってデータを都合よく改ざんしたり、自分の立ち上げたホームページに成りすまそうとした時に、データが改ざんされた事や成りすまされたことを報告してくれるようになります。
それによって、ECサイトを立ち上げる事業者にとってSSL化は最重要事項になります。SSL化を怠った場合、入力した個人情報などが他者から読み取られてしまったり、悪用されてしまう可能性があります。そのような事を防止するために、ECサイトを立ち上げる事業者はほとんどがサイトのSSL化をしているのです。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事