RTBとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

RTBとは、Real Time Bidding(リアルタイムビッディング)の略語です。ネット広告取引のひとつで、ECサイトなどで広告のインプレッションが発生するたびに、広告主や広告代理店などが競争入札を行ない、最も良い条件の広告を配信するシステムのことをいいます。別名リアルタイム入札とも呼ばれています。広告主や代理店など入札希望者は、広告の掲載基準や掲載枠・ターゲットとなるユーザーの属性・希望入札価格などをあらかじめ決めておきます。ECサイトなど掲載面で発生した1インプレッションに対して入札が行われ、最高価格を提示した希望者の広告が掲載されます。

広告のインプレッションが発生するたびに、このような入札が行われます。この入札処理には1秒もかからないため、広告の掲載や閲覧に問題は生じません。掲載する側は広告主に対して1インプレッションで広告枠を売買でき、また複数の広告主との取引が可能になります。そして広告主は、各ターゲットや条件などに適した広告掲載や入札価格が可能になります。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事