ROMIとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

ROMIとは、Return On Marketing Investment(リターン・オン・マーケティング・インベストメント)の略称です。マーケティングに使った費用に対してどの程度効果が出たのかを、数値化したものを指します。ROMIは、アメリカなど海外では主流の指標になりつつあります。企業によってROMIの算出の方法は異なりますが、見込み客(リード)のうち、何件が成約に至ったかなどで表すことがあります。ROMIにおいて重要なのは、「見込み客の数」や「成約件数」など、計算に使うそれぞれの要素をしっかりと定義づけすることです。例えば、ECサイトにおいて、リスティングから訪問してきた人を見込み客とするのか、サイト上で資料をダウンロードした人を見込み客とするのかでは、結果が異なるからです。

マーケティングは本来、効果を数値化することが非常に難しい分野です。しかし、コスト意識が高まる中では、従来曖昧にされてきたマーケティングの効果もシビアに判定する必要があります。ROMIを評価に取り入れることで、無駄な費用を削減しつつ、効果を最大限にするという意識を身につけやすくなります。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事