ネットスーパーとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

ネットスーパーは宅配業者が利用者からインターネット経由で注文を受けて様々な商品を配送するサービスです。宅配業者はあくまで注文の受け付けと商品の配送が業務であり、商品は既存の店舗から送られます。そのため、宅配業者事態が商品を扱っているわけではないので、小売店の通販サービスとは同一ではありません。インターネット販売の代名詞であるECサイトと同一と見なされることが多く、ネットスーパー業者によっては自社の業務をECサイトとして紹介している所もあります。しかし、ECサイトは厳密に定義すれば自社商品をインターネット上で販売するサイトなのでネットスーパーとは別物ですが、他社製品を扱ったり配送業務に特化したECサイトも増えていることから定義があいまいになっています。

ネットスーパーは対象地域が既存の店舗の近隣に限られていたり、日持ちがしない生鮮食品を扱うなど従来の通販サービスとは内容が大きく異なります。それだけに地域との関係性が密であり、固定客を掴みやすいのが大きな特徴です。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事