名寄せとは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

名寄せとは、氏名や住所、電話番号等の情報をもとに複数のデータベースから同一人物のIDなどをまとめる作業です。ECサイトと実店舗の双方を運営している企業の場合は、サイトの登録者と店舗での顧客データを別々のデータベースで管理していることも多く、その場合には同一の顧客にDMなどを重複して送付してしまう場合もあります。このような事態を避けるために、社内のデータベースを統合して同一人物のIDをまとめることで、より現実に即した充実した顧客サービスを提供することができます。

企業の吸収合併などにより、複数の企業の顧客データを一元化する際にも、特に合併する会社が競合関係にある場合には顧客が重複している可能性も高いため、名寄せ作業が重要になってきます。その際に、スペースの有無や誤字脱字、漢字ひらがな表記の違いなどによって同一人物が別の人として認識されないようなデータクレンジングも必要です。顧客情報のデータをもとに一人一人に合ったサービスの提供が求められるECサイトの運営においては、名寄せは非常に重要な作業です。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事