マテハン(マテリアルハンドリング)とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

マテハンとはマテリアルハンドリングの略で、倉庫などの物流拠点内のモノの移動に関する業務のことです。庫内の物流業務を効率化する機器のことマテハン機器と呼びます。

倉庫では小さい荷物からかさばる荷物、重たい荷物、大きな荷物など様々な荷物を仕分ける必要があります。その他にも同じ方面に出荷する荷物をひとまとめにする作業、トラックの荷台やパレット上に効率よく荷物を載せる作業、倉庫から別の場所に搬送する作業、倉庫内の保管場所に一定期間保管する作業とその管、など膨大な作業が必要です。当然のことですが、扱う商品が多ければ多い程この作業は多くなります。

それらはとても人の手だけではさばき切れるものではありません。そこで機械を使用してそれらの物流作業を効率化する必要があるのです。身近なものではフォークリフト、ローラーコンベアー、台車、パレットなどがそれらにあたります。これらの機械を使用することにより大幅な人員削減、業務の効率化を図ることができるのです。マテハン機器なしではECビジネスは成り立たないと言っても過言ではないでしょう。

新規CTA