CPCとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

CPC(Cost Per Click)とは、ECサイト等のデジタル広告の効果をはかる評価指標で、1クリックあたりの広告コストを差します。CPCは「広告出稿費用÷クリック数」から算出でき、仮に50万円で広告を出稿した場合、5万クリック発生していればCPCは10円ということになり、一般的にCPCが低いほど広告の費用対効果が高いとみなされます。

CPCはリスティング広告に代表されるクリック課金型広告の評価指標に用いられることが多く、デジタル広告を経由したECサイトへのアクセス(クリック)がどれだけ効率よく獲得できているかを検討する指標となります。

一般的にCPCは数円〜数十円程度ですが、狙いたいターゲットや対策したいキーワード、広告規模や媒体によって大きく異なります。安価なCPCで、なるべく多くのクリックを獲得することが望ましいですが、集客した後の目標(購入や会員登録など)を達成しなければ、広告出稿した効果にはなりません。広告を出すことによる収益やPR効果も考慮した上で目標CPCを設定し、計画的な集客・収益の目標を立てることが大切です。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事