クレジットカード払いの導入に必要な契約とは?

 2021.06.24  株式会社システムインテグレータ

本記事では決済方法のひとつである、クレジットカード払いの概要や導入方法などをご説明します。

ECサイト構築基本ガイド

クレジットカード払いについて

Debit card swiping on pos terminal

クレジットカード払いは、カード保有者の信用をもとにして利用代金をクレジットカード会社が立て替える決済のことをいいます。キャッシュレス決済のなかでも利用率が高い決済手段であり、ECサイトを運営するならば用意しておきたい決済方法です。

クレジットカード決済を導入すると、高額な商品であってもユーザーは分割払いができるなど、機会損失の防止が期待できます。クレジットカード会社が買い手の利用代金を立て替えるため、未収リスクも低い点も利点でしょう。

小売業のためのスマホアプリ活用ガイド
レコメンド活用のポイント

クレジットカード払いの導入方法

クレジットカード払いを導入するには、クレジットカード会社と直接契約をするか決済代行会社を利用する方法があります。

直接契約

クレジットカード会社との直接契約は、事業者とクレジットカード会社の間で直接、決済処理や入金が行われます。ただし、直接契約では複数のクレジットカード会社との契約が必要だったり、入金タイミングがバラバラだったりします。

そのため、非常にコストがかかり、入金管理業務も煩雑になります。リソースが避けない場合は直接契約を避けたいところです。

決済代行会社の利用

クレジットカード払いを導入するときは、一般的に決済代行会社を利用します。決済代行会社は事業者とクレジットカード会社の間に入り、決済処理や売上処理を代行します。

複数のクレジットカード会社との契約になっても、決済代行会社が包括的に管理するため、事業者は管理を一本化できます。管理業務の効率化を図りたいときは、決済代行会社の利用が適しています。

ただし、決済代行会社に手数料を払う必要があり、場合によっては直接契約よりもコストがかかる可能性があります。

新規CTA
新規CTA

クレジットカード払いの導入にかかる費用

クレジットカード払いの導入にかかる費用には、初期費用、月額料金、決済手数料、トランザクション料金があります。それぞれの相場は以下を参考にしてください。

  • 初期費用:1~5万円
  • 月額料金:3000~8000円
  • 決済手数料:決済金額の3~10%
  • トランザクション料金:決済1件につき5~15円

たとえば、日用品や食品を扱うECサイトで月商100万円程度なら、2ヶ月目以降のコストは月額3~6万円くらいです。決済手数料の関係から業種や月商によりランニングコストが変化します。

まとめ

クレジットカード払いは、買い手の利用代金をクレジットカード会社が立て替える決済方法です。導入時は決済代行会社を活用することが一般的であり、月々のランニングコストはケースにより異なります。本記事を参考にしてクレジットカード払いの導入を検討してみましょう。

CTA

RECENT POST「決済」の最新記事


決済

PayPalの仕組みとは?メリット・導入方法を解説

決済

PayPayのオンライン決済とは?メリット・デメリットを解説

決済

代引き決済の導入方法は?

決済

【EC決済方法 おすすめ8選】それぞれのメリット・デメリット、選び方まで解説

クレジットカード払いの導入に必要な契約とは?