SI Web Shoppingの最新バージョンがAmazon Personalizeに対応することが決定しました

 2019.08.20  株式会社システムインテグレータ

株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区、代表取締役社長:梅田弘之、東証1部 証券コード3826、以下「当社」)が提供するECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」は2019年9月1日にリリースする最新バージョンV12.7にて、アマゾン ウェブ サービス(以下「AWS」)が提供するAmazon Personalizeに対応することが決定しました。

「SI Web Shopping V12.7」のAmazon Personalize対応について

ECサイトにおけるパーソナライゼーションの重要性は増す一方です。消費者は、画一的なコンテンツではなく、自身が探しているコンテンツ、あるいは高い関心のあるコンテンツを望んでいます。Amazon Personalizeを活用した商品レコメンドを行うことで、消費者のニーズに的確に対応し、エンゲージメントを促進させることができます。
「SI Web Shopping V12.7」がAmazon Personalizeに対応することで、商品レコメンド機能をECサイトに実装することができるようになり、よりパーソナライズされたECサイト上でのコミュニケーションを実現することが出来るようになります。

また、「SI Web Shopping V12.7」はAmazon Aurora with PostgreSQL Compatibilityにも標準対応しており、Amazon Personalizeに留まらず、AWSのサービスを活用したECサイト構築に最適なパッケージです。

図版_20190708

 

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 エンドースメント

アマゾン ウェブ サービスは株式会社システムインテグレータ様の「SI Web Shopping V12.7」におけるAmazon Personalize対応を歓迎いたします。SI Web Shoppingの Amazon Personalize対応により、システム導入企業のお客様にさらなる付加価値をご提供し、ショッピングを楽しむカスタマーにより良い顧客体験をシステムインテグレータ様からご提供いただくことを期待します。今後もAWSはお客様のビジネス成長に貢献できるようイノベーションを続けてまいります。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
パートナーアライアンス統括本部 執行役員 統括本部長
渡邉 宗行

Amazon Personalizeとは

amazon personalize

Amazon Personalize は、アプリケーションを使用している顧客に対して開発者が個別のレコメンデーションを簡単に作成できるようにする機械学習サービスです。機械学習を活用したカスタマーエンゲージメントのパーソナライゼーションが進む中、Amazon Personalize を利用することで、今まで機械学習の経験がない開発者の方にも、Amazon.com で長年培われてきた機械学習技術を使用し、高度なパーソナライゼーション機能を簡単にアプリケーションに組み込むことが可能になります。

Amazon Personalize では、アプリケーションからのアクティビティストリーム (ページビュー、サインアップ、購入など) を始めとしたレコメンドするアイテムのインベントリや年齢、地理的位置などのユーザーに関する人口統計情報の提供が可能です。さらに、データを分析、特定、アルゴリズムの選定を行い、そのデータ用にカスタマイズされたパーソナライゼーションモデルをトレーニングして最適化します。Amazon Personalize によって分析されたすべてのデータはプライベートで安全に保管され、カスタマイズされたレコメンデーションのみに使用されます。サービスが管理する仮想プライベートクラウド内からの簡単な API コールによって、パーソナライズされた予測の提供を開始することができます。実際に使用した分に対してのみ料金が発生します。

(参照元:https://aws.amazon.com/jp/personalize/)

今後の展望について

企業を取り巻く「デジタル・トランスフォーメーション」の波は収まることなく、むしろ波の大きさは増す一方です。IoTに代表されるように、顧客とのデジタルなタッチポイントはWEBサイト上に留まりません。多様化の進行は、未来の出来事でなく既に起きている現象であり、時流です。BtoC、BtoBを問わず、デジタルマーケティング基盤の再構築は企業にとって最優先で取り組むべき課題であるといえます。

当社ではこうした顧客とのタッチポイントの多様化とともに、高まるセキュリティのニーズに対応すべく、「SI Web Shopping」をECビジネスのコアシステムと位置づけ、堅牢なEC基盤をベースにEC事業者様の売上向上への貢献を進めて参ります。また、「SI Web Shopping」はEC年商数十億円以上の大規模EC事業者様を中心にご採用頂いており、Amazon Personalizeのレコメンドを組み込んだ形での「SI Web Shopping」の販売は2021年までに累計20件の販売、事業全体として10億円の売上を見込んでおります。

ECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」とは

「SI Web Shopping」は1996年に日本で初めて販売されたECサイト構築パッケージです。累計1100本の実績を持ち、さまざまな有名ECサイトに使われています。発売以来20年以上、時代ニーズに合わせて機能改良(バージョンアップ)を続けており、2019年9月に最新版「SI Web Shopping Ver12.7」をリリースします。専門的なマーケティング製品との柔軟な連携性、堅牢なセキュリティで、拡大を続ける日本国内のECビジネスを支えます。
近年では東京急行電鉄株式会社様に、高い品質と高いカスタマイズ柔軟性をご評価頂き、東京急行電鉄様の『Tokyu Storeネットスーパー』『SALUS ONLINE MARKET』『ギフト日和』の基盤として「SI Web Shopping」をご採用頂きました。

製品ホームページ:https://products.sint.co.jp/siws

【システムインテグレータについて】

会社名 株式会社システムインテグレータ
証券コード 3826 (東証一部)
所在地 埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー32階
設立 1995年3月
代表者 代表取締役社長 梅田 弘之
資本金 3億6,771万円
URL http://www.sint.co.jp/
事業内容
  • パッケージ・ソフトウェアおよびクラウドサービス(SaaS)の企画開発・販売、コンサルティング(ECソフト、ERP、開発支援ツール、プロジェクト管理ツール、プログラミングスキル判定サービスなど)
  • AIを使った製品・サービスの企画開発および販売、AI関連ソリューションの提供・支援およびコンサルティング

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社システムインテグレータ
E-Commerce事業部:佐藤
TEL:03-5768-7695
E-mail:webshop@sint.co.jp

※ Amazon.com、アマゾン ウェブ サービス、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、AWS、Amazon Personalizeは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です
記載されている商品名は、各社の商標または登録商標です。
※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。

新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「ニュースリリース」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ECサイト構築パッケージ選定 7つのポイント
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

TOPIC トピック一覧

ec-research
ec-rpa
comparison