検証支援プログラム(PoC版)

検証支援プログラム(PoC版)とは

poc1

 

『生産スケジューラ「Asprova」を導入して、多くの制約条件を考慮した計画シミュレーションをやりたいが、本当に使いこなせるのか不安』という声にお応えするべく、検証支援プログラム(PoC版)をリリースいたしました。

お客様用の「Asprova」プロトタイプデータを作成・投入して、実際にお客様に使ってもらい、実用化できるかどうか判断いただきます。

PoCフェーズで作成したプロトタイプデータや導入計画書は、実用化フェーズ(本格導入へのゴーサイン後)で使用しますので、ムダなコストも発生いたしません。

こんな方におすすめです

Businessman breaking stone dollar symbol with karate punch

コストを抑えたい

ライセンスコストや設計からリリースまでの開発コストが不要なため、最小限のコストで始められます。

woman investment consultant analyzing company annual financial report balance sheet statement working with documents graphs. Stock market, office, tax, education concept. Hands with charts papers

導入効果を知りたい

お客様が実際に使用しているデータでプロトタイプを作成して検証しますので、正しい効果測定が見込めます。

business documents on office table with smart phone and laptop computer and graph business with social network diagram and two colleagues discussing data in the background

実際に使ってみたい

作成したプロトタイプデータを使ってAsprovaを操作いただけます。
じっくりと手応えを確認しながら、最終判断をしてください。

実施スケジュールイメージ

poc-flow

サービスメニュー 作業内容 お打ち合わせ回数
業務ヒアリング Asprovaの機能の詳細をご説明しながら、業務要件を確認します。ここで実現可能性を一次判断します。お客様にはヒアリングシートを記入いただきます。 1回
プロトタイプ作成 ヒアリングシートをベースにプロトタイプデータを作成します。 -
要件定義 プロトタイプデータを使って要件確認および課題の洗い出しを実施します。 4回
検証結果報告 プロトタイプデータの最終説明、検証結果をご報告致します。
プロトタイプデータおよび導入計画書を成果物としてご提出します。
1回

費用

検証支援プログラム(約2ヶ月):100万円~

検証データ量が多い場合は、Asprovaトライアルセット(10万円/月)を使用することも可能です。

Asprovaに関するお問い合わせはこちら