ECサイト制作サービスとは?サービス内容や選び方まで解説

 2021.10.19  株式会社システムインテグレータ

ECサイトは、インターネット上に設けた「店舗」として、24時間自社の売上に貢献してくれるサイトです。そのため、ECサイトにはオシャレなビジュアルだけではなく、購買行動に結びつくような機能性を持たせることや、利便性を追求することも重要となります。

これからECサイトを構築したい方や、既存のECサイトのリニューアルを行なって、自社の売上拡大へと繋げたい方も多いのではないでしょうか。

当記事では、ECサイトを制作する方法・制作手順から、ECサイト制作を依頼できるECサイト制作サービス会社の概要・特徴・会社の選び方までをご紹介しています。自社でECサイトの構築やリニューアルが困難に感じている方や、クオリティを追求したい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ECサイトを制作する方法は?

e-commerce-website-development-flow

ECサイトを制作する方法は複数存在し、それぞれの方法で特徴・メリット・デメリット・コストは異なります。そのため、ECサイトを制作したい場合は、各制作方法の違いを把握して、自社に合った方法を選択することが重要です。

ここでは、現在主流となっているECサイト制作方法の概要・特徴についてご紹介します。

ASP

ASP(Application Service Provider)とは、クラウド上で提供されるWebサービスのことです。ECサイト用のASPを利用することで、サイト構築・商品管理・決済等の一連の機能を備えたECサイトを手軽に構築することができます。

ASPを利用してECサイトを制作する場合の相場は10万円~100万円程度となっており、小規模のECサイトを低コストで構築したい場合に適しています。但し、安価で手軽に始められる反面、カスタマイズの自由度は高くありません。

ECサイト用のASPには無料のものと有料のものがありますが、有料の方が制限が少なく機能が充実しているため、本格的にECサイト運営をはじめたい場合は有料のASPを選ぶことがおすすめです。

ASPでECサイトを制作する方法については、以下の記事でも詳しく解説しているため、ぜひご覧ください。

「ASPカート」とは?メリットや自社に合うカートの選び方を解説!

オープンソース

オープンソースとは、無料で公開されているソースコードのことで、ECサイト用のオープンソースを使用することでECサイトを構築することができます。小~中規模程度のECサイト制作に適しており、制作コストの相場は100万円~500万円程度です。

導入コストを抑えつつ自由度の高いカスタマイズを行なえることが特徴ですが、高度な専門知識・技術が必要である点や、サポートが無いためトラブルや問題は自力で解決しなければならない点がネックです。

自社に十分なスキルを持つエンジニアがいる場合にはおすすめの制作方法と言えます。

クラウドEC

クラウドECとは、クラウド上で提供されているECサイト構築プラットフォームのことです。クラウド上のプラットフォームを利用できるため、ユーザーは自社でサーバーなどのインフラ環境を用意する必要がありませう。拡張性・カスタマイズの自由度が比較的高く、ASPよりも規模の大きなECサイトを構築することができます。

クラウドECを用いてのECサイト制作の相場は500万円~と、決して安価ではありませんが、システムのメンテナンスや改修のコストが不要であるため、ランニングコストに優れていることが特徴です。

クラウドECは導入事例も多く満たせる要件も多いため、オリジナル性の高い中規模以上のECサイトを構築したい場合にはおすすめです。

 

クラウドECについては、以下の記事でも詳しく解説しているため、ぜひご覧ください。

クラウドECでサイトを構築する5つのメリットとは?選び方までご紹介

ECパッケージ

ECパッケージとは、ECサイト構築に必要な幅広い機能がパッケージ化されたサービスです。提供されるパッケージによってコストの相場は異なりますが、目安としては500万円~となります。

自社でサーバーやネットワークといったインフラ環境を整備し、構築する必要があります。

ECパッケージは、カスタマイズ・拡張性に優れているだけでなく、インフラ環境まで含めた設計を行なうことができるため、盤石なインフラを確立して中・大規模の本格的なECサイトを構築したい場合に適しています。

 

ECパッケージについては以下の記事でも詳しく解説しています。併せてご覧ください。

ECサイト構築手法のパッケージとASPを比較!|ASPとSaaSの違いとは?

フルスクラッチ

フルスクラッチとは、上記の各ECサイト制作方法のように既存のプログラムやソフトウェアを利用したりカスタマイズしたりするのではなく、ゼロから全てを作り込んでいくECサイト構築方法です。

規格外の要件が多い場合や独自性の高いECサイトを構築したい場合に多く用いられます。

コスト・時間・手間は当然最も大きくなりますが、インフラ環境・サイトのビジュアル・機能性などあらゆる要件を高い自由度で実現することができます。

フルスクラッチでのECサイト制作には数千万円単位での投資が必要となり、ランニングコストも相応の金額が必要となるため、基本的に資金力のある大企業向けの制作方法となります。

 

上記でご紹介した各ECサイト制作方法についてもっと知りたい方は、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

【ECサイトの構築方法】初心者でもわかるように全方法を徹底解説!

ECサイトの制作手順

Close up of human hand drawing career ladder with chalk

ECサイトの制作手順は、上述の各制作方法によって異なります。ここでは、ECサイトの制作手順について制作方法ごとにご紹介しています。ECサイトがどのような手順で作られるのかを確認しておきましょう。

ASP

ASPでは、非常にシンプルな手順でECサイトを制作することができます。以下にその手順をご紹介します。

  1. ASPを選定
    いくつかのASPを見比べて、自社に合ったASPを選定します。ASPサイトの制作事例から、実際にASPを利用して作られたサイトのビジュアルや機能性をチェックしてみる方法もおすすめです。独自ドメインを設定する場合は併せて取得しておきます。

  2. ASPへの登録
    ECサイト制作に使用するASPが決まったら、登録を行います。ログイン用のアカウントの設定・ECサイトのURL・ドメインの設定など必要事項を入力していきます。

  3. テンプレートを選択
    ASPには、ECサイトを手軽に作成するためのテンプレートが複数用意されています。自社のイメージに合わせてテンプレートを選び、カラー・ヘッダー画像等を設定します。

  4. 商品登録
    ECサイトで販売する商品をの登録します。を行います。商品名・商品価格・商品画像・商品説明文・在庫数等、必要事項を漏れなく入力していきます。販売したい商品の登録が終わったら、ASPでのECサイト制作は完了です。

  5. ECサイトの見た目・機能性をテストする
    ECサイトが完成したら、リリース前にサイト内をくまなくチェックして、ミスや漏れがないかを確認します。できれば実際にテスト注文を行なって、カート機能や決済手順の確認も行っておきましょう。

オープンソース

ここでは、オープンソースでECサイトを制作する場合の一般的な手順についてご紹介します。

  1. サーバーを用意する
    オープンソースで制作したECシステムを稼働させるサーバーを用意します。自社で構築してもレンタルでも構いませんが、スムーズに構築したい場合はレンタルサーバーを借りる方法がおすすめです。

  2. ECサイト用のオープンソースをダウンロードして、サーバーにインストールする
    オープンソースが公開されている公式サイトから、最新版のオープンソースをダウンロードしてサーバーにインストールします。インストール後は、ショップ名・メールアドレス・データベース等の基本的な設定を行ないます。

  3. ECサイトのデザイン・レイアウト・機能等を作成する
    ECサイトのデザイン・レイアウト・機能等を作成します。テンプレートを使用しても構いませんが、カスタマイズにより自社が求めるビジュアル・機能性を実装することも可能です。

  4. 商品登録を行う
    ECサイトで販売したい商品の登録を行います。一通りの商品登録が完了したら、オープンソースによるECサイト制作は完了です。

  5. テスト~ECサイト公開

ECサイトができあがったら、サイト内をくまなく確認・テストします。問題が無ければECサイトを公開しましょう。

クラウドEC、ECパッケージ

カスタマイズにより多くの要件を満たすクラウドEC・ECパッケージは、ASPとは異なりシステム開発の手順を踏襲する必要があります。パッケージの基本機能から離れるほど多くのカスタマイズが必要となるため、開発コスト・時間は多くかかります。

以下に、一般的な手順をご紹介します。

  1. 要件定義
    ECサイトに求める機能・性能といった要件を整理して、漏れなく要件定義書にまとめます。

  2. 設計
    要件定義で決定された項目を実現するために、画面・機能・項目等の設計を行います。

  3. 開発(実装)
    設計書に基づき、ECサイトに機能を実装するためのプログラミングを行ないます。

  4. テスト
    完成したECサイト・ECシステムが要件・仕様の通りに動作・機能するかテストします。外部連携を行っている場合は、外部システムとの連携についてもテストを行います。

フルスクラッチ

完全にゼロから全てを制作するフルスクラッチは、システム開発のプロジェクトとしてシステム開発会社に依頼することになります。以下に、一般的なフルスクラッチでのECサイト制作手順をご紹介します。

  1. システム開発会社の選定
    どこに依頼するかでECサイトの完成度やクオリティが決まるため、自社の要件を満たせるシステム開発会社の候補をいくつか挙げて、良い提案をしてくれる会社を選定します。

  2. 要件定義
    ECサイトに求める要件を全て洗い出し、要件定義書にまとめます。フルスクラッチでは、サーバーやネットワークといったインフラ環境についても決定するする必要があります。

  3. 設計
    要件定義書を基に、ECサイトに実装する機能を設計します。

  4. 開発(実装)
    設計書を基に、実際にECサイトに実装する機能をプログラミングします。

  5. テスト
    ECサイトが完成したら、開発前に定めた要件・仕様を満たせているかテストを行います。

「ECサイト制作サービス」を活用する手も

Young couple sitting in an office talking to a woman broker or investment adviser

ECサイト制作の方法・手順についてご紹介してきましたが、自社が求めるECサイトの規模・機能・クオリティによっては自社内で完結することが難しい場合やリソースが足りない場合もあります。このような場合におすすめの方法が、ECサイト制作サービスを提供している会社へ依頼することです。

ECサイト事業者のサイト構築や運営支援を専門的に行っているため、自社の要件に合致する会社を選べば、サイト・ページの構築や運営に必要な集客等を代行してもらうことができます。もちろん、新規のECサイト制作だけではなく既存サイトのリニューアルやブラッシュアップについても依頼することが可能です。

ECサイト制作サービスの内容

Office folder with inscription Competitors on Office Desktop with Office Supplies. Business Concept on Blurred Background. Toned Image.

ECサイト制作サービスでは、ECサイトの構築・リニューアル・運営に必要なさまざまなサービスを受けることができます。利用を検討している方のなかには、具体的にどのようなサービスが提供されているのか分からない方もいるのではないでしょうか。

ここでは、ECサイト制作サービスで提供されている代表的なサービスの内容についてご紹介します。

各ページの強化(トップ、商品ページの強化)

ECサイト制作サービスを提供している会社には、ECサイトのトップページ・カテゴリページ・商品ページといった各ページの制作やリニューアルを依頼することが可能です。

既存のECサイトに新規商品ページを追加したい場合や、各ページをブラッシュアップしたい場合など、上質なページを作成してECサイトを強化することができます。実力がある会社であれば、コンセプトや魅せ方まで意識したページを制作することが可能です。

サイトデザイン

サイト全体のデザインはECサイトの店構えそのものであるため、顧客に良い印象を与えられるように、自社のカラー・ブランド・オリジナリティを反映した洗練されたデザインを作成することがポイントです。

ECサイトのデザインは、ECサイト制作サービスを提供している会社が行っているメインサービスのひとつです。見た目の美しさだけでなく、自社のターゲットユーザーに刺さるデザインになっているか、どのような導線にするのが適切かなどの提案を受けることができます。

サイトデザインは長期的にECサイトの「顔」として使っていくこととなるため、十分な予算を割り当てて、プロに依頼してクオリティを追求することをおすすめします。

商品データの移行

ECサイトを新設したり移転したりする場合は、旧サイトから商品データを移行させる必要があります。しかし、膨大な商品点数を扱うECサイトの場合は、自社で商品データ移行を行うと莫大な手間と時間がかかってしまいます。

ECサイト制作サービスを提供している会社の多くは、商品データ移行を代行するサービスを提供しています。

商品数が多いほどコストはかかりますが、基本的に商品数に関わらず依頼することができるため、自社でデータ移行を行なうことが困難である場合は依頼してみるのもおすすめです。

集客支援

ECサイトは、実際に商品を販売することを目的としているため、サイトのビジュアルや機能性だけでなく、いかに集客を行うかが非常に重要です。

ECサイト制作サービスを提供している会社のなかには、Webマーケティングによる集客支援を提供している会社もあります。

自社で集客を行なっているけれども上手くいっていない場合や、リソース不足で集客施策に手が回らない場合は、集客代行やコンサルティング等の集客支援サービスを利用してみるのもひとつの方法です。

ノウハウやスキルが洗練されている会社であれば、集客面からもECサイト運営をサポートしてくれるでしょう。

SEO支援

ECサイトはより多くの人々に訪れてもらう必要がありますが、有料のWeb広告ばかりに頼っていては広告費が嵩むため、SEO対策に注力することも重要です。ECサイト制作サービスを提供している会社には、検索上位に繋がるサイト構成・ページ構成や外部施策をサポートしている会社もあります。

検索上位に表示させるためには、継続してSEO対策に取り組む必要があります。自社にノウハウがない場合は、ECサイト立ち上げ後も長期的にSEO対策の対応をしてくれる会社を選ぶのが良いでしょう。

物流提案

ECサイトは商品が購入されると必ず発送作業が発生するため、物流の仕組みや業務フローを整えておく必要があります。物流が改善するだけで、自社の負担軽減・業務効率化・顧客満足度向上など、さまざまなメリットが得られるケースも少なくありません。

ECサイト制作サービスを提供している会社のなかには、在庫管理・発送業務等の物流を最適化するための提案やサポートを行っている会社もあります。

洗練されたノウハウを持っている会社であれば、自社内では実現できない物流の仕組みを構築できる場合もあるため、現状のECサイト運営に物流の課題を抱えている方は検討してみるのもおすすめです。

関連記事:https://products.sint.co.jp/siws/blog/fulfillment.html

ECサイト制作サービスの選び方

Businessman standing and making his choice between times

ECサイト制作サービスを提供している企業は非常に多いため、どこに依頼すれば良いか分からない方もいるのではないでしょうか。依頼する企業によって、できあがるECサイトのクオリティ・完成度から失敗するリスクまでが左右されるため、企業・サービスの選定は非常に重要です。

ここでは、ECサイト制作サービスならびに提供している企業の選び方をご紹介します。ECサイト制作サービスを利用しようと考えている方は、ぜひ事前にご参考下さい。

対応範囲を確認する

ECサイト制作サービス会社が提供している主なサービスは前章でご紹介した内容が一般的ですが、対応しているサービスは会社によって異なります。そのため、依頼を行なう際には、サービスの対応範囲を事前に確認しておくことが重要です。

もし自社が求める依頼の一部が対応範囲外であった場合は、ワンストップで要件を完了することができず、別の会社へ依頼することとなるため不要な手間や時間をかけてしまうことになりかねません。

スムーズにサービスを利用するためにも、事前に対応範囲については必ず確認するようにしましょう。

密なコミュニケーションがとれるか

ECサイト制作サービス会社に依頼する要件は、前章でご紹介した通り詳細な擦り合わせが必要となる内容ばかりです。そのため、会社を選ぶ際には、きめ細やかで密なコミュニケーションが取れる会社を選ぶことが重要なポイントとなります。

コミュニケーションに齟齬が発生すると、求めていた要件とは違う成果物が納品されたり、ミスや抜け漏れが起こる大きな原因となるため注意が必要です。ECサイト制作サービス会社を選ぶ際には、問い合わせや商談の時点で相手方の丁寧さ・誠実さ・コミュニケーション密度を必ず確認するようにしましょう。

制作実績を確認する

優秀なECサイト制作サービス会社は数多くありますが、Webサイトのサービス紹介・会社案内だけでは実際の制作イメージを正確に判断することはできません。そのため、自社が求めるイメージにマッチした会社を選ぶためには、実際の制作実績を細かく確認することをおすすめします。

制作実績を見れば、デザインの傾向や特徴・スキル・クオリティ等さまざまな面から制作会社の実力を判断することが可能です。特に、自社と同じ規模・同じ業態での制作実績があると参考になるでしょう。安心してスムーズな依頼を行なうためにも、ECサイト制作サービス会社の制作実績は必ず確認しておきましょう。

まとめ

近年ではさまざまなECサイト構築のためのサービスがリリースされており、自社に合った方法を選択することでクオリティ・機能性を両立したECサイトを構築することができます。しかし、ECサイトに取り組む企業は年々増加しており、近年ではコロナ禍がさらに拍車をかけているため、中途半端なECサイト構築や運営を行っていては競争優位性を発揮することはできません。

自社で実施できる施策に限界を感じている場合は、今回ご紹介したようなECサイト制作サービス会社のような、外部の業者の力を借りることも必要となってくるでしょう。

ECサイト制作サービス会社には、上質なサービスを提供している会社も数多くあります。ECサイトを強化して売上拡大を図りたい方は、ぜひ依頼を検討してみて下さい。

CTA

RECENT POST「ECサイト構築」の最新記事


ECサイト構築

ECサイト構築手法のパッケージとASPを比較!|ASPとSaaSの違いとは?

ECサイト構築

クラウドECでサイトを構築する5つのメリットとは?選び方までご紹介

ECサイト構築

無料で使えるECサイト構築サービス徹底比較

ECサイト構築

ECサイト構築・運営に便利なツール・サービス8選

ECサイト制作サービスとは?サービス内容や選び方まで解説