ECサイトの構築で便利な「パッケージ」を徹底比較

 2022.02.08  株式会社システムインテグレータ

ECサイトの構築で利用される「パッケージ」とは、通販サイト・ネットショップの構築に必要な決済機能や在庫機能を有したECサイト構築ソフトです。年商1億を超える中~大規模のECサイトの構築手法として、最も適していると言われているのがこのパッケージです。

その最大のメリットは、自社独自のECサイトを構築できるものの、ゼロベースでECサイトを構築するフルスクラッチと違い、ECサイトに必要な機能が最初からパッケージ内に用意されている点です。そこから自社の要件に合わせてカスタマイズし、オリジナルのECサイトを構築していくため、費用・コストを格段に抑えることができます。

しかし、一言でECパッケージといってもかなりの数と種類があります。数ある構築方法の中でパッケージが適しているとわかっても、そこから更にどのパッケージが自社にふさわしいのか、必要な機能や予算に応じて選択する必要があります。

この記事では、パッケージ利用におすすめの企業、主要ECパッケージの種類と特徴、比較や選定の際に押さえておくべきポイントをご紹介していきます。

ECサイト構築基本ガイド

ECパッケージとは

ECパッケージとは、ECサイトの構築・運営に必要な一通りの機能がパッケージングされたシステム・ソフトウェアのことです。サーバーにECパッケージをインストールすることで、ゼロから開発を行うことなくECサイトを構築できるのが特徴です。

ECパッケージは基本的に自社サーバーにインストールして活用するオンプレミス型が主流ですが、近年ではクラウドでECパッケージを提供するクラウドECも普及してきています。

ECパッケージは、ECサイト開設のハードルを大きく下げられることから多くの企業に利用されており、ECサイト開設を検討している企業からのニーズが高まっています。

ECサイトを構築する主な手段

ECサイトの構築と一口に言っても、ECパッケージ以外にもさまざまな構築方法があります。ここでは、ECパッケージを除くECサイト構築方法についてご紹介します。

モール型EC

楽天・AmazonといったECモールが提供するプラットフォームを利用してECサイトを出店する方法です。手軽にスピーディーにECサイトを立ち上げられます。

ASP

ASPが提供するシステムを利用してECサイトを構築する方法です。モール型ECに近い感覚で手軽に自社ECサイトを構築することができます。

オープンソース

オープンソースとして公開されているソフトウェアを利用してECサイトを構築する方法です。カスタマイズ性が高くコスト削減を図ることができますが、高度な専門知識・技術を要します。

フルスクラッチ

ECサイトのシステムをゼロからフルオーダーで構築する方法です。多大なコスト・工数が必要となりますが、最大限に自由度が高いECサイトを構築できます。

ECサイトの各種構築方法とメリット・デメリットについて、以下の記事でも詳しく解説しているため、併せてご参考下さい。

ecサイト構築の方法とそれぞれのメリット、デメリット

ECパッケージに搭載された主な機能

製品により多少の差はありますが、ECパッケージに搭載されている機能は、どの製品においてもECサイト構築・運営に必要な機能はほぼ網羅されています。ここでは、ECパッケージに搭載されている代表的な機能について、ご紹介します。

フロント機能

  • 商品検索機能
    顧客がECサイト上で商品を検索するための機能です。購入率や客単価にも影響する重要な機能です。
  • 販促機能
    キャンペーン・クーポン発行・ポイント付与・メルマガ配信と言ったECサイトの販促を行うための機能です。
  • 会員機能
    アカウント発行・ログイン・購入履歴・会員情報管理・退会といったECサイトに会員機能を持たせるための機能です。
  • ショッピングカート機能
    カート機能や決済方法・配送方法の選択といった、顧客が商品を購入するためのショッピングカート機能です。

バックオフィス機能

  • 商品・在庫管理機能
    ECサイトで販売する商品の登録・カテゴライズ・在庫管理を行うための機能です。
  • 受注管理機能
    ECサイトで購入した顧客の商品・数量・金額・注文者・発送先・日時指定といった受注情報を管理・処理するための機能です。
  • 顧客管理機能
    顧客情報・注文履歴・会員ランク・保有ポイントといった顧客情報を管理するための機能です。

ECパッケージを利用するメリット

ECパッケージは優れたサービスが数多く提供されており、EC事業者から多くのシェアを獲得しています。その理由は、ECパッケージにはECサイトの構築・運用において優れたメリットがあるためです。

ここでは、ECパッケージを利用する主なメリットについてご紹介します。ECパッケージの利用を検討している方は、判断材料としてメリット面を把握しておきましょう。

短期間で導入できる

ECパッケージは、過去の実績のあるECシステムを参考に、ECサイトに必要な性能・機能があらかじめ網羅的にパッケージされています。そのため、ゼロからシステムを構築する必要がなく、開発工数・開発コストを抑えてECサイトを構築することが可能です。

フルスクラッチ開発でECシステムのすべてをゼロから構築する場合は莫大な工数・コストが必要となるため、容易に導入することはできません。このようなデメリットを払拭してスムーズにECサイトを構築できることは大きなメリットと言えるでしょう。

カスタマイズが自由にできる

ECパッケージは標準で必要な機能が搭載されているだけでなく、自社に適した形で機能拡張を行うことを前提として開発されているため、カスタマイズ性が非常に高いことが特徴です。機能拡張やシステム連携にも対応することができます。

ECサイトを手軽に構築できるプラットフォームにはASPやモール型ECがありますが、これらは基本的にカスタマイズの自由度が非常に低く、提供された機能の範囲内に制限されます。一方ECパッケージであれば、オリジナリティのあるECサイト構築や複雑な機能仕様も実現することが可能です。

自社が求める要望通りのECサイトを構築できることは、ECパッケージが持つ大きなメリットと言えるでしょう。

セキュリティが強い

ECパッケージは、一定以上の規模を持つ企業を主な対象として開発されているため、堅牢なシステムが組まれておりセキュリティも強固に設計されていることが特徴です。

多くのサイバー攻撃はシステムの脆弱性やセキュリティホールを狙い撃ちされますが、ECパッケージはオープンソースのようにソースコードが開示されていないため、ターゲットになるリスクも低減されます。

多くの顧客情報・機密情報を取り扱うECサイトにおいて、安心して運営をするためのシステムの信頼性・安全性が確保されているメリットは大きいと言えるでしょう。

ECパッケージを利用するデメリット

ECパッケージはECサイトの構築・運用に優れた有用性を発揮できますが、デメリットとなる部分も存在します。ここでは、ECパッケージ利用に伴う主なデメリットについて解説します。

ECパッケージの利用を検討している方は、事前にデメリットの影響範囲・影響の大きさを把握しておきましょう。

導入にコストがかかる

ECパッケージはASPよりも機能の充実度やカスタマイズ性に富んでいる反面、導入コストは高額となります。

フルスクラッチよりは大幅にコストを抑えることはできますが、それでも標準パッケージのみで500万~1,000万円程度、カスタマイズも含めてベンダーに依頼すると2,000万円以上がおおよその相場となります。規模が大きくなるほど、また機能拡張やカスタマイズを行うほど、導入コストも高騰します。

ECサイトをスタートする初期投資が大きいため経営を圧迫することや、必然的に中規模以上の企業でないと導入が難しい点が大きなデメリットです。

システムの陳腐化が起きる

オンプレミスで構築するECパッケージは、3~5年程度の期間が経過するとシステムが陳腐化してしまうことがデメリットです。

陳腐化したシステムをそのまま使い続けると、機能面・性能面で時代の変化に対応できなくなったり、セキュリティリスクが高まったりといったデメリットが生じるため、システムのリニューアルや改修が必要となります。

リニューアル・改修に要するコスト・労力は大きなものとなりますが、ECパッケージを使い続ける限りは逃れられない宿命と言えるでしょう。システムの陳腐化というデメリットを回避したい場合は、ECパッケージと同等の機能を有するクラウドECを検討するという方法もあります。

関連記事:クラウドECでサイトを構築する5つのメリットとは?選び方までご紹介

ECサイト構築で"パッケージ"の利用がおすすめの企業

Two creative millenial small business owners working on social media strategy using a digital tablet while sitting in staircase-1

パッケージは、ECサイトを構築する方法のひとつですが、資金面や自由度の高さ、カスタマイズ性や技術面などの特性上、利用する企業によって向き不向きが分かれます。

どのような事業者に向いているか、以下3つの特徴を踏まえてご紹介していきます。

年商1億円以上のECサイトを構築したい

年商が1億円以上ある企業ならば、ECパッケージの検討をおすすめします。パッケージならデザインは自由に選べ、複雑なシステム連携もカスタマイズによって可能とります。特に近年では、新しいパッケージが次々とリリースされており、その拡張性はフルスクラッチにも匹敵すると評価されています。

しかし、パッケージを利用するにあたってはそれなりの費用が掛かります。相場は初期費用に数百万円~数千万円となっています。フルスクラッチに比べれば安価ですが、それでも決して低いとはいえない金額なので、ECパッケージの多くは自社ECサイト平均年商1億円~50億円程度の中・大規模ECサイトを中心に採用されています。

オリジナルのECサイトを構築したい

パッケージの主な魅力の1つとして、その高い自由度とカスタマイズ性が挙げられます。サイト運営の基本機能はもちろん、業界や店舗毎に必要な機能の拡張や複雑なシステム連携が可能です。さらに、セキュリティ面で強いのも安心です。

ただし、カスタマイズの自由度が高い分、自社サービスをより具現化するためにはさまざまなリスクやイレギュラーを想定した設計力・知識を持ったECサイト構築ベンダーを選定することが重要となります。

また、構築したシステムもいずれは古くなるので、バージョンアップをするときにコストを抑えて計画的にできるかという視点も必要になります。

フルスクラッチよりも費用を抑えたい

フルスクラッチとは、既存のソフトウェアなどを一切使わずに、ゼロベースでECサイト構築することです。自社の既存システムと連携できるのはもちろんのこと、必要な要件を全て満たしたサイト構築、仕様変更にも柔軟に対応することが可能です。

しかしその一方で、初期費用はECパッケージを使う場合よりも高額となり、加えてインフラやサーバーも別途用意する必要があるので、高コストに見合うビジネスモデルを持っている企業でないと採用は難しいでしょう。

パッケージであればコストを抑えつつ、短期間でフルスクラッチにも匹敵するECサイトを構築することが可能です。初期費用は数十万円~数千万円、月額で数万円~数百万円程度になり、主に中・大規模ECサイトで採用されています。

フルスクラッチの詳しい費用相場については、以下の記事をご覧ください。

s4
s4

 

小売業のためのスマホアプリ活用ガイド
レコメンド活用のポイント

おすすめのECサイト構築パッケージを比較

Image of attractive businesswoman against hightech background

ひと昔前だと、中・大規模のECサイトを作る際には、フルスクラッチしか選択肢がありませんでした。しかし現在はパッケージが主流となっており、さまざまな種類のパッケージがリリースされています。

提供されているパッケージの種類が豊富な分、選定の際には迷いが生じやすいため、予算や機能に応じて、自社に合ったECパッケージを導入することが大切です。
数多くあるパッケージの中でも、ここでは主要ECパッケージをピックアップし、それぞれの特徴を交えつつ比較しながらご紹介していきます。

<比較①>SI Web Shopping

siws_logo_v2

「SI Web Shopping」は、中~大規模ECサイトを構築する際に最適なパッケージです。1996年に日本初のECサイト構築パッケージとしてリリースされて以来、大手企業でも広く利用されており、現在まで1,100以上のサイトの構築実績があります。

日々成長を遂げるEC市場で、顧客の満足度を向上させるための機能を揃えており、長期的にECサイトを活用したビジネス戦略をお持ちの企業に向いています。

SI Web Shoppingは豊富な標準機能だけでなく、高いカスタマイズ生産性が評価されています。パッケージの特徴である、「スクラッチよりも安価で、ASPよりも柔軟である」といった特性を最大限発揮できる構造になっています。一般的なECサイトはもちろん、普通のECパッケージでは実現が難しい複雑な要件にも対応可能です。

また、プログラムソースを公開することが可能なため、パッケージのデメリットであるブラックボックス化(作った会社でないとわからないという状態)を避けることができます。また、プログラムソースが公開さえているので、エンジニアがいる会社であれば、カスタマイズを内製化することもできます。そういった内製化の支援プログラムを提供しています。

詳しい情報は、サービスサイトをご覧ください。

▼SI Web Shoppingのサービスサイトはコチラ

https://products.sint.co.jp/siws

SI Web Shoppingの導入事例

auコマース&ライフ(旧KDDIコマースフォワード株式会社)は、「auSTARギフトセレクション」の立ち上げにあたり、SI Web Shoppingを導入しました。

人口減少に伴い新規契約者も減少傾向にある昨今、顧客1人1人のリテンションを実現するためにスタートしたのが「auSTARギフトセレクション」です。auSTARギフトセレクションでは、長期に渡りauを利用する顧客に対し、ショップでの待ち時間を短縮や、プレゼントを用意するサービスとなっています。

立ち上げの絶対条件として、6月時点で11月29日サービス開始をプレスリリースするという納期がありました。当初はフルスクラッチも検討していましたが、物流含めサービスをゼロから立ち上げる時間はなく、ECパッケージをいくつかリストアップして選定を行いました。しかし、どのパッケージも納期の短さに対し求める水準が高すぎるということから、採用には至らなかったそうです。

そこで採用されたのが「SI Web Shopping」でした。20年以上パッケージソフトを提供している高品質・高パフォーマンスが「短納期」と「高い品質水準」を実現しました。

立ち上げ当初、企画自体がまだぼんやりしている段階からシステム化できる詳細資料にまで落とし込み、出来上がったものからさらに「画面はもう少しこうしたい」といったリクエストに対応するスピードの速さ、社内でもUIの使いやすさを度々レビューしその都度、細かい要望を拾い対応する点が高く評価されました。

<比較②>ecbeing

0807_1_1200

ECサイトツールの「ecbeing」は、最新のトレンドに強い高いカスタマイズ性が魅力です。

主な特徴として、SNS活用やSEO対策、リスティング広告などでアクセス数をアップさせる機能、サービス分析やアクセスログ解析など注文率をUPさせる機能があります。加えてワンストップサービスで素早く注文・出荷・商品・顧客管理まで行う機能と、24時間365日常駐サポートのセキュリティも安心できるポイントです。

▼ecbeingのサービスサイトはこちら

https://www.ecbeing.net/

<比較③>ebisumart(エビスマート)

logo

株式会社インターファクトリーが提供する小・中規模ECサイト向けのECパッケージ製品です。ebisumart(エビスマート)はクラウドで提供されているということもあり、導入コストを削減しつつ、短期導入が可能な製品です。

クラウド型でありながらカスタマイズに対応出来ることが特徴です。

料金形態がアクセス数によって変動する従量課金プラン、毎月固定の固定課金プラン、売上に対して一定の料率を支払うレベニューシェアプランが用意されています。

処理能力としては、1分間の最大処理可能件数647件、1分間の最大アクセス数5万アクセスとなっています。

▼ebisumartのサービスサイトはこちら

https://www.ebisumart.com/

<比較④>EC-Orange

og_ec-orange

「EC-Orange」は、新しくECサイトを立ち上げたい企業にはもちろんのこと、他社と差別化を図りたい企業や、既存サイトのアップデートに悩んでいる場合にもおすすめのパッケージです。VRコマースなど新しいスタイルでサイトを構築できる自由度の高いパッケージで、顧客のニーズに応じたなサイトを制作できます。

マルチテナント型のECサイト構築が可能なので、複数のブランドを展開する企業にも最適です。また、実店舗を運営している企業は在庫・商品情報・顧客情報・配送情報など一元管理し実店舗とサイト情報をシェアできます。英語や中国語でECサイトを表示でき、管理画面も多言語対応なのも外国人従業員の多い職場にとっては大変便利です。

▼EC-Orangeのサービスサイトはこちら

https://ec-orange.jp/

<比較⑤>Commerce21

logo

「Commerce21」は株式会社コマースニジュウイチ社が提供する大規模ECサイト向けのECパッケージ製品です。EC関連ソリューションの連携やオリジナル機能の構築など、柔軟に対応可能なプラットフォームを提供していることが特徴です。安定稼働や自由度を求める企業におすすめです。

マイクロサービス志向のプラットフォームを採用しており、高いスケーラビリティが特徴のパッケージです。APIを活用し、様々なサービスと連携する構成を得意としています。

▼Commerce21のサービスサイトはこちら

https://www.commerce21.co.jp/

<比較⑥>SAP Commerce Cloud

cx_cloud_commerce_cloud_3840_1648.jpg.adapt.640_-1.false.true.false.false

「SAP Commerce Cloud(旧:SAP Hybris)」は、オムニチャネルに対応する豊富な機能と、カスタマイズの拡張性を兼ね備えたECパッケージです。国内ECサイト構築システム調査やフォレスター・リサーチといった世界の2大調査機関で高い評価を受けています。

シンプルなコマース設定でコストを削減、カート支払いから受注管理までのプロセスをサポートしてくれます。EC展開をスムーズに行うテンプレートを提供し、時代の変化に素早く対応・拡張できるアーキテクチャです。

▼SAP Commerce Cloudのサービスサイトはこちら

https://www.sap.com/japan/products/crm/e-commerce-platforms.html

<比較⑦>COMPANY-EC

「COMPANY-EC」は、株式会社ワークスアプリケーションズが提供する大規模ECサイト向けのECパッケージ製品です。分析・プロモーションに強く、デザイン性に富んだオリジナリティの強いECサイトを作成できます。電話・メールでのお問い合わせに対応しており、受注や配送に関する情報も一見で管理もすることが可能で、セキュリティも高いので安心して運用することができます。

「COMPANY EC」の基本コンセプトは、最初からカスタマイズの必要がない「ノーカスタマイズ」でシステムを一括提供することです。常に最新のECシステムを提供するので陳腐化が起こりづらく、機能の拡大・追加によるシステムの総入れ替えなども起こりません。

すでに様々な業界特有のECサイト機能を備えているので、柔軟性が高く、追加開発が発生しないというのが大きな特徴です。バージョンアップも無償で提供、費用の負担軽減も期待できます。
しかし、裏を返せば汎用的な機能については追加コストをかけず追加が出来る反面、自社独自の要件を自社ビジネスの都合に合わせた形で実装することが難しく、選定時は注意が必要です

<比較⑧>EC Direct

ペタビット株式会社が提供する小規模ECサイト向けのECパッケージ製品です。小規模ECサイト向けでありながら、パーソナライズ機能や複数チャネル顧客情報管理など、ECサイトに欲しい機能が揃っています。

この他、B2B・B2C併用ECサイトの構築や、レスポンシブデザイン対応の機能なども備わっていて、多種多様なECサイト構築に対応できます。

▼EC Directのサービスサイトはこちら

http://ecdirect.petabit.co.jp/

新規CTA
新規CTA

ECサイトの構築パッケージを比較するときの注目ポイント

Modern notebook computer with future technology media symbols

ECパッケージについてご紹介してきましたが、各パッケージによってシステムに違いがあるので、運営方針に沿った選び方が重要になってきます。最後に、パッケージ選定の際に押さえておくべきポイントをご紹介していきます。 

費用を比較する

ECパッケージには、無償でのダウンロードが可能であるオープンソースと、ECベンダーから有償で購入する有償パッケージがあります。オープンソースならばライセンス費用や利用料は基本的に発生しませんが、使い勝手を向上させるためのカスタマイズや問題が起きた時の対処を自社で行う必要があります。

有償のECパッケージでは、初期費用こそ掛かりますが、標準機能は備わっているので、必要な分だけカスタマイズを依頼すれば済みます。このカスタマイズには当然費用が発生します。ECパッケージを導入するにあたって、必要なライセンス費用やカスタマイズ費用といった初期費用の他、ランニングコストはしっかりと確認しましょう。初期構築費用に問題がなくても、導入以降は月額費用が毎月掛かります。月額費用は固定費になりますので、売上のみならず成長率も見越した上で、問題なく利用できるか判断しましょう。

ECシステムは基幹システム等と比べると、入れ替えのサイクルが早いシステムです。しかし、毎年毎年入れ替えられるほど気軽に入れ替えができるものではありません。自社に合わせるカスタマイズや自社内の他のシステムと連携させている場合は、影響が大きいためそう簡単に入れ替えることはできません。そのため初期費用だけでなく、想定利用期間でのトータルコストで比較検討することが重要です。

また、単に支払うコストだけでなく削減される内部コストにも目を向けるとよいかもしれません。例えばサーバなどはオンプレミスで、自社で構築した方が支払うコストは抑えることができますが、メンテナンスや保守を24時間体制で行うことを考えると、外部に委託した方が総コストは抑えることができます。

導入事例を比較する

自社に類似した業種や商材のECサイトに取り組んだ経験の有無を確認することも、選定時には重要なポイントになります。導入実績がすべてではありませんが、少なくとも一つの指標として評価することができます。自社のECサイト要件に類似した導入実績があるほど、ピッタリなECパッケージだと判断できます。

ECサイトの品質は、ECベンダーのノウハウに大きく左右されます。また、ECベンダーは過去に手掛けたECサイト構築の経験を参考にしながら開発を進めていくため、近しい業界の理解があれば効率的な開発工程を踏むことが可能になるでしょう。そうすることで、コストの削減も期待でき、スムーズに機能や要件の定義を進行していくことが可能となります。

また、独自の機能要件や、内容に応じて別途で開発費が発生することもるので、自社に近い導入事例があれば、その分安心できます。

担当者を比較する

窓口担当者が営業の場合、技術的な質問にすぐ回答できない場合は注意が必要です。自社に必要なのは自社のECビジネスを共に成長させるパートナーです。コミュニケーションは重要で、一緒にプロジェクトを進める上で気が合うかどうかは確かに大きなポイントです。しかしそれは営業窓口に求めるといよりも、窓口となるエンジニアに求められるポイントです。職能としては営業であればコミュニケーション能力、エンジニアであれば技術力が一般的には求められますが、自社にマッチしたパートナーを探し出すときにパートナーに求めることは、営業窓口の技術理解度とエンジニアのコミュニケーション能力なのかもしれません。

選定時に窓口となる営業とのコミュニケーションが選定結果に与える影響はとても大きいです。しかしプロジェクトの成功に最も大きな影響を与えるのは、担当するプロジェクトマネジャーです。例えベースとなるパッケージがどれだけ優れていても、プロジェクトを統括するプロジェクトマネジャーの経験が浅いとプロジェクトが頓挫してしまうリスクがあります。

そのパッケージベンダーはどのような手法で開発を進めプロジェクトを成功に進める方針なのかを確認しましょう。

機能充足度と自由度を比較する

自社に必要な機能がすべて入ったパッケージやツールを選ぶのが一番シンプルでわかりやすい選定方法ですが、ECビジネスを成長させることを考えたとき、それだけでは十分に考慮されているとは言えません。この変化の早い時代に成長し続けるには、今必要な機能と将来必要な機能が変わらないということは考えづらいからです。自社に必要な機能を揃えているかどうかは、初期コストを抑えるための一つの判断基準になりますが、結局はトータルコストを抑えるという観点で考えなくてはなりません。

将来に渡って自社に必要な業務をそのシステムに揃え続けるには、パッケージやツールに合わせたビジネスを行うか、ビジネスに合わせてパッケージやツールをカスタマイズしていくかのどちらかしかありません。パッケージやツールに合わせたビジネスの内容とスピードで競争に勝ち続けることができる場合を除き、自社のビジネス展開に合わせてカスタマイズしていく必要があります。つまり、自由度が重要になってくるのです。

いくら自由度が高くても、最初が空っぽではあまり意味がありません。ECビジネスを運営する上で必要な機能を備えてなければなりませんが、自社のビジネスに合わせていくことを考えたときには、あったらいいなというレベルの機能はパッケージには不要なのかもしれません。この場合求めているのは自社への合わせやすさ、つまりは柔軟性と自由度になるので使わない機能が過多になってしまうとかえってシステムが複雑化し、カスタマイズ生産性が低いものとなってしまい、追加開発コストおよびメンテナンスのコストが高くなってしまいます。

将来に渡ってビジネスを成長させるにあたってどれほどの機能充足度を求めて、どれほどの自由度を求めるかを比較することは、その後の成功を大きく左右します。

セキュリティを比較する

ECサイトはインターネット上に公開されたサービスで、個人情報や決済に関連するサービスですので、常にサイバー攻撃の標的になる可能性があります。個人情報やクレジットカード情報が漏洩してしまうと、ビジネスの継続すら危ぶまれる重大な問題となってしまいます。お客様の信頼を失ってしまうだけでなく、賠償責任が生じる場合があります。ECパッケージのセキュリティ要件を確認し、セキュリティが担保されている製品を選びましょう。

ただし気を付けなければならないのは、こうしたサイバー攻撃に対応するにはパッケージだけの対応では不十分だということです。当然十分にセキュリティに対する対応がなされているパッケージやサービスを選ぶべきなのですが、同時にWAFやウイルス対策ソフト、IDSなど複数のセキュリティ製品を組み合わせて対策することを同時に検討しましょう。

プロジェクト管理方法を比較する

上記のポイント以外に、その企業が御社向けのカスタマイズのノウハウやドキュメント、プログラムソースをどのように管理しているかもECパッケージを選ぶ上では重要な項目となります。ECサイトの運営には中長期的な目線で見た事業拡大や、システムメンテナンスも必要になります。導入時の担当者がいなくなったからわからなくなってしまう、というのは問題外として、担当がいなくとも後任が滞りなく追加開発や保守、メンテナンスできるような体制がきちんと整っているかは、安定してビジネスを成長させるためには欠かせないポイントになります。

時代の変化に伴ってトレンドが目まぐるしく変わるECサイトでは、導入したECパッケージが数年で時代遅れになることも珍しくありません。したがって、ECパッケージを選定する際には、そうした短期的かつ急激な時代・トレンドの変化にフレキシブルに対応できる管理・運用体制を備えたECベンダーかどうかを見極めることも忘れてはいけません。

 

ECサイト構築パッケージの選び方については、以下の記事でより詳しい選定ポイントを解説しているため、ぜひご参考下さい。

ecサイト構築パッケージの選び方

まとめ

当記事では、ECパッケージの概要・メリット・デメリットから、パッケージの種類、比較ポイントまでをご紹介しました。ECパッケージは標準で充実した機能を搭載しておりカスタマイズ性にも優れているため、開発期間・開発コストを抑えつつオリジナリティ・利便性を備えたECサイトを構築することが可能です。

ECパッケージでECサイトを構築する際には、自社の規模・目的・用途・目標・求める要件といった多角的視点でパッケージを選定することが、より充実したECサイトをスムーズに構築する近道となります。

弊社では、SI Web Shoppingを含む複数社のECパッケージ・サービスを比較した資料も無料で提供しています。自社に適したECパッケージをお探しの方は、ぜひご活用下さい。

ECサイト構築パッケージ・サービス比較表

package-comparison

RECENT POST「ECサイト構築」の最新記事


ECサイト構築

ECサイト構築を徹底解説 | 要件定義や費用相場、会社の選び方まで

ECサイト構築

売れる商品ページを作るコツとは?必要な要素&工夫まとめ

ECサイト構築

魅力的な商品画像で売上アップ!準備や撮影のポイントを解説

ECサイト構築

ECにおける「ささげ」業務とは?重要性やポイントを解説

ECサイトの構築で便利な「パッケージ」を徹底比較

SI Web Shopping TOPへ

新規CTA
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング

ec-research
小売業のためのスマホアプリ活用ガイド
comparison