失敗から学ぶ、成功するマイグレーションの勘所~こんなプロジェクトは必ず失敗する~

20220309

ITコンサルティングのアイ・ティ・イノベーション社、プロジェクト管理ツールとして名高い「Object Browser」のシステムインテグレータ社とソフトウェアテストのプロであるバルテス社にて、共催セミナーを開催します。

複雑・ブラックボックス化した既存システムを刷新し、分断されたデータの利活用を取り組むなど、DXの一環としてITシステムのマイグレーションはいよいよ増加傾向にあります。しかし、現行のシステムがあるにもかかわらず、設計がボトルネックになりマイグレーションが困難となる例が散見されます。

本セミナーではお客様から相談される「危ないマイグレ」事例を元に、失敗しないマイグレーションの勘所を超上流工程からシステム設計にかけて、モデリング・設計・テストといった様々な視点から考察します。

開催概要
日時

2022年3月9日(水) 10:00~12:00 

主催・共催

株式会社システムインテグレータ、バルテス株式会社、株式会社アイ・ティ・イノベーション

参加形式 ウェビナー(Webセミナー)
※ パソコン、タブレット、スマートフォンから視聴可能
定員

500名

※応募多数の場合は先着順とさせていただきます。
※同業他社様のご参加はお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

対象者

システム開発部門長、設計・開発担当、PM/PL向け

費用 無料(事前申込制)

書籍もプレゼント!

book2本セミナー参加者の中から抽選で以下の書籍をプレゼントいたします。
「エンジニアなら知っておきたい システム設計とドキュメント」
「ソフトウェアテスト規格の教科書」

※抽選で各5冊ずつ、計10名の方にプレゼントにいたします。
いずれか1冊となります。参加後のアンケートにていずれかご希望をお選びください。
※セミナーの実施終了後、当選者に個別でご連絡いたします。

セッション詳細

10:00~10:40
エンタープライズアーキテクチャを用いたTo-Be像への移行アプローチ

DXや多様化するビジネスニーズに対応するため、昨今ではクラウドや様々なツールを組み合わせたIT利活用が不可欠になっています。一方、企業情報システムはますます複雑化し、気付けば「ありたい姿」からはかけ離れてしまっているケースが多々あります。当セッションでは、企業情報システム全体を俯瞰する重要な手段のひとつである「エンタープライズアーキテクチャ」の考え方を用いた「ありたい姿 = To-Be像」の実践的な移行アプローチを解説します。


ik
株式会社アイ・ティ・イノベーション
ビジネステクノロジー戦略部 コンサルタント 井﨑 学 氏

 

10:40~11:10
失敗したマイグレーションから学ぶ「設計の極意」

マイグレーションの肝は、実装前の段階で、「何ができればOKか」という点を明確化することにあります。しかし、実際のマイグレーション案件においては、インプットとなるシステム要件や仕様書が十分とは限りませんし、リソースも十分では有りません。年間2,100プロジェクト以上のテストを手がけるバルテスが「テスト設計」の観点からマイグレーション開発における品質の作りこみ方を、ご紹介します。


valtes-ishihara
バルテス株式会社
テスト・アライアンス事業部 事業部長 石原 一宏 氏

 

11:10~11:40
マイグレーションに必要な設計書とは

マイグレーション案件の多くは既存設計書が整備されておらず、いわゆる「ブラックボックス」となっているから想定しないコスト・期間がかかり、失敗してしまうという話をよく聞きます。このような問題に陥らないためには、設計書を常に最新に保つことが重要です。
本セッションでは、設計書のアンチパターンから設計書の品質を高める方法、設計コストを削減するためのポイントをご紹介します。

株式会社システムインテグレータushiro
Object Browser事業部 マネージャー 後迫 潤


  

11:40~12:00
質疑応答

セミナー中にいただいた質問・疑問に、講師が回答いたします。
 
 
お申し込みは終了いたしました。

Archive「過去のセミナー・イベント」