アウトバウンドとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

アウトバウンドとは、「内から外へ出る」ことを意味する言葉です。対義語にはインバウンドがあります。業界によって意味合いが異なりますが、ECビジネスにおいては、マーケティングの一つの手法を指します。アウトバウンドマーケティングは企業が宣伝活動を行うもので、テレビCMやウェブ・雑誌広告、電話勧誘、ダイレクトメールなどがあげられます。消費者の意思に関係なく、商品やサービスの宣伝が一方的に目や耳に入ってくることが特徴です。

企業側が消費者に対して積極的にアプローチすることから、「プッシュ型」のマーケティングとも言われています。アウトバウンドのメリットは、短い期間で成果を生み出しやすいことです。不特定多数の消費者に向けて、一斉に情報を発信する手法であるため、より多くの潜在顧客が自社サイトを訪れるきっかけになります。インパクトのある広告や宣伝であるほど、消費者の記憶には残りやすく、より高い宣伝効果が期待できます。

新規CTA