OEMとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

OEMとは、製造メーカーが他社ブランドの製品を製造して、相手先の企業へ納品するビジネス手法です。OEMは「Original Equipment Manufacturing」の略語で、「委託者ブランド名製造」や「委託者商標による受託製造」とも訳されます。衣料品をはじめ、自動車や家電製品、化粧品や食品などの業界で広く普及しています。OEMの主な形態は、2つ。完成品もしくは半完成品を他社ブランドの製品としてメーカーが製造する形態と、自社ブランド製品の製造を企業がメーカーへ委託する形態です。

OEM受託企業は、小ロットでも生産可能なケースが少なくありません。そのため、さまざまな種類の商品を小量ずつ取り扱っているECサイトでも、在庫リスクを抱える不安を低減することができます。また、自社に工場を構えなくても製品を製造できるため、小資本の会社でもオリジナルブランドの製品を提供できる点が魅力です。設備投資や人件費などの製造にかかる経営資源を、新たな製品の開発や販売にまわせる点もメリットといえます。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事