カゴ落ちとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

カゴ落ちとは、ECサイトで商品が買い物カゴに入っているのに、顧客にサイトから離脱されることです。カゴ落ちは世界的に見ても珍しい現象ではなく、海外の調査会社が調べたところ、カゴ落ちの発生率は2018年11月時点で69.89%に上るというデータもあります。ECサイト運営者からすると、サイトによって個別差はありますが、売り上げとして見込めるはずだった約7割が買い物途中で失われるということです。
カゴ落ちが発生する理由はいくつかあります。まず、会員登録が面倒ということです。ECサイトのメリットは手間なく買い物できるという点ですが、買い物をするのに会員登録が複雑だと、それが面倒になってユーザーも購買意欲をなくしてしまいます。

また、送料や手数料が不明瞭になっていることも大きな原因です。買い物をしているときは送料・手数料などの表記が一切なく、会計の段階で急にそれらを上乗せされると、損をした気分になり購入をためらうユーザーが出てきます。
会員登録は簡潔に、料金表示はわかりやすくを心がければカゴ落ちはいくらか回避することが可能です。

新規CTA