HTMLとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略称であり、ウェブページを作るために用いられる最も基本的なマークアップ言語のことです。今現在ブラウザで見ることのできるウェブサイトのほとんどがこのHTMLを使って作られています。

ECサイトを立ち上げる際にも重要となるHTMLは、WEBページ作りの基礎中の基礎といえるでしょう。普段よく見ているWEBページで右クリックをし「ソースを表示する」という項目を選ぶと、そのサイトを構成しているHTMLを見ることができます。その中で使われているHTMLタグと呼ばれる"<>"で囲われた文字列を用いて文章やレイアウトを決め、htmlファイルを作ることで簡単なWEBページを作成することができます。また、CSSとよばれる別の言語と合わせることで、文字のフォントやページの色、行間の設定などを細かく決めることができ、より見やすいWEBページにすることができます。さらにJavaScriptやPHPなどのプログラミング言語と合わせると画像を自動的に表示したりと、現在よく見られるWEBページのような使いやすさや見やすさを実現できます。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事