自動倉庫とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

自動倉庫とは、機械が導入され高度に自動化された倉庫です。ECサイトでの受注が大量になってくると従来のように人力によって物品の出し入れや管理をすることが難しくなってきます。そこで物品をスタッカーラックに収納し、注文に合わせてピッキングや出荷をコンピュータで一元化し自動化できる自動倉庫を導入する企業が増えつつあります。人の手を使わずに倉庫管理をすると、高い場所や狭い場所に商品を保管できるのでスペースの節約につがなり、より多くの商品を保管することができます。人件費も節約でき効率化が図れるので、その分利益を出すことも可能です。

また人が行う場合は何らかのミスが起こり得ますが、自動倉庫ではミスが起きません。たとえば賞味期限のある食品などの場合、賞味期限の遅い商品を奥に入れて、賞味期限の早い商品から先に出すという「先入れ先出し」が徹底できます。さらに重い物や危険物、冷凍庫での作業など、人が運ぶには危険性が伴うものについても、コンピュータで一元管理すれば物品の破損や労働災害などのリスクが回避できるというメリットがあります。

新規CTA