総平均法とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

総平均法は在庫品の評価額算定方法の一つです。評価額の算定には様々な方法が用いられますが、総平均法は一定期間に仕入れた商品の原価を平均して、期末評価額を算定する方法です。

例えば最初に商品を単価100円で100個仕入れて、次に単価200円で100個仕入れ、最後に単価300円で100個仕入れたとします。この場合における商品の総仕入れ額は、100円×100個+200円×100個+300円×100個=60,000円です。これを仕入れた商品の総数(100個+100個+100個)で割ると、1個あたりの単価は60,000円÷300個=200円となります。

この時に300個仕入れた内の半分の150個を売り上げた場合には、期末在庫の評価額は(300個-150個)×単価200円=30,000円と算定されるのです。総平均法は計算が簡単でわかりやすい評価方法ですが、会計期間の最後にならないと(すべての仕入れ原価が確定しないと)期中における売上に対する仕入れ原価が計算できないため、評価方法を選定する際には注意をしてください。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事