ロジカルシンキング(論理的思考)のためのフレームワーク6選

 2020.09.03  株式会社システムインテグレータ

「ロジカルシンキング」とは、物事を要素ごとに分けて合理的な思考や方法論で考えることです。そして、ロジカルシンキングを身に付ける近道は、ロジカルシンキングのフレームワークを1つ1つ自分のものにしていくことです。

今やビジネスパーソンにとって必要不可欠なスキルなので、是非身につけておきましょう。

情報整理のフレームワーク ロジックツリー】

ロジックツリー

【効果】
最善の選択肢が見つかり、的確な情報整理ができる

 【意味】
選択肢を論理分解していくと、ツリー状になっていくことから、その名がつけられた。別名「Howツリー」ともよばれ、「どうやって?」展開していくのかを考えていきます。

 【使い方(具体例)】
まず、目標やテーマを決め、「どうやって?」と展開していきます。

例えば、目標が「利益を上げる」だとしたら、「利益を増やすにはどうしたらいいか?」と展開します。「収入を増やす」「支出を減らす」という選択肢が出てきたとします。それぞれ「どうやって?」と展開していきます。

「収入を増やす」→「既存顧客にアプローチする」「新規顧客にアプローチする」、
「支出を減らす」→「諸経費を抑える」「人件費を抑える」という選択肢が出てきます。

 これらをさらに「どうやって?」と展開していきます。
 「既存顧客にアプローチする」→「DMを送る」「アポイントを取る」
「新規顧客にアプローチする」→「広告を打つ」「SNSに力を入れる」
 「諸経費を抑える」→「節電する」「ムダな経費を探す」
「人件費を抑える」→「プロジェクトに携わる人数を減らす」「仕事をアウトソースする」

図1

このように、展開して出てきた選択肢の中から、「これぞ!」と思うものを選択することで、合理的で納得感のある答えを出すことができるのです。

アイデア発想のフレームワーク 【SCAMPER

SCAMPER

【読み方】
すきゃんぱー

 【効果】
アイデア発想の枠が広がる

 【意味】
「SCAMPER」とは、以下のワードの頭文字を取ったもの。
 Substitute(代用できないか?)
 Combine(結合できないか?)
 Adapt(応用できないか?)
 Modify / Magnify(修正/拡大できないか?)
 Put other uses(転用できないか?)
 Eliminate / minify(削除 / 削減できないか?)
 Reverse / Rearrange(逆転/再編集できないか?)

 【使い方(具体例)】
あるテーマを進行役が「SCAMPER」の中から「何かと代用できませんか?」「何かとくっつけられませんか?」「何かに応用できませんか?」と一つずつ質問していきます。

 例えば「今までに存在しないイス」がテーマだとしたら、
 「何かと代用できないか?」→ イスの素材を「木」ではなく、「紙」にしてみる
 「何かに応用できないか?」→ イスを「ベット」に進化させる
 「何かと結合できないか?」→ イスと「テーブル」を一体化する

 このように、テーマと切り口を一つひとつ組み合わせていくことで、強制的にアイデアを生み出すことができるのです。

 他にも、あらかじめ「SCAMPER」を書いたシートを用意して、そこに出てきたアイデアを書いてもらう方法もあります。この時、要素や属性に分け書いてもらうことで、さらに違った切り口で発想することができます。

プレゼン力向上のフレームワーク 【ピラミッドストラクチャー】

ピラミッドストラクチャー

 【効果】
要約力が身につき、相手に簡潔に伝えられる

 【意味】
自分の言いたいことを天辺として、相手の理解するプロセスが「ピラミッド構造」になっていることから、その名がつけられた。

 【使い方(具体例)】
まず、もっとも「自分のいいたいこと」をピラミッドの天辺とします。次に、この「自分のいいたいこと」について、相手がどんな疑問を持つか考えます。その後、出てきた疑問の答えを出します。最後に、出てきた答えに説得力を持たせる説明を考えます。

 例えば、「国内市場から撤退すべきだ」という、最も言いたいことがあったとします。

 「国内市場の見通しが悪いから」「競合が増えすぎ収益率が悪い」「自社の強みはグローバルにある」などを、相手の疑問と位置づける。「国内市場の見通しが悪いから」は、「市場規模が小さい」「市場の成長率が低い」「人口減少していくから」という説得力のある説明を考えます。

図2

このように、相手の立場になって「なぜ?」を繰り返して、それを説明することで、相手に簡潔に伝えることができるのです。

事業分析のフレームワーク 【SWOT分析

SWOT分析

【読み方】
すうぉっとぶんせき

 【効果】
効果的な企業戦略を打ち出せる

 【意味】
「SWOT」とは、以下のワードの頭文字を取ったもの。
 Strength(強み)
 Weakness(弱み)
 Opportunity(機会)
 Threat(脅威)

 【使い方】
まず、自社の資源の中にある内部環境を把握します。Strength(強み)=「長所は何か?」Weakness(弱み)=「課題は何か?」を洗い出します。

「ラーメン屋」を例にしてみましょう。
 強み:駅前で立地が良い
 弱み:回転率が悪い

その後、自社を取り巻く外部環境を把握します。Opportunity(機会)となるトレンド、Threat(脅威)となるトレンドを洗い出します。
 機会:ラーメンブームが再来している
 脅威:近くに競合店が複数できた

 これら要素を洗い出したら、「強み×機会」「強み×脅威」「弱み×機会」「弱み×脅威」の組み合わせから、どんな戦略ができるかを考えます。
 強み×機会:「ブームに乗っかり、店先に広告を打つ」のような戦略
 弱み×脅威:「提供スピードを改善しつつ、他店との差別化を図る」のような戦略

目標達成のフレームワーク 【SMARTの法則

SMARTの法則

【読み方】
すまーとのほうそく

 【効果】
的確な目標設定ができる

 【意味】
SMARTとは、以下のワードの頭文字を取ったもの。
 Specific(具体的、分かりやすい)
 Measurable(計測可能)
 Achievable(達成可能)
 Realistic(現実的)
 Time-related(期限つき)

 【使い方】
組織で共通のゴールに達成するためには、チームでどんな目標を、どれだけ共有できるかがカギとなります。

 例えば、「売上を○○万円達成したい!」と思ったら…

SMARTの法則 フレームワークの説明 具体例
Specific 具体的で分かりやすいかどうか?  10日で○○万円売り上げる
Measurable 成果が計測可能かどうか? 1契約○万円=1人当たり○件成約する
Achievable 達成可能かどうか? 他部署の協力があれば、ギリ達成可能
Realistic 現実的な目標かどうか? 過去に○○万円達成したことがある
Time-related 期限はいつか? 期限は1ヵ月(今月中)

 このように、SMARTに沿って目標をチェックすることで、自分のチームに合った的確な目標が作れるのです。

業務改善のフレームワーク 【PDCA

PDCA

【読み方】
ぴーでぃーしーえー

 【効果】
継続的に業務改善が行える

 【意味】
「PDCA」とは以下のワードの頭文字を取ったもの。
 Plan(計画)
 Do(実行)
 Check(評価)
 Action(改善)

【使い方】
まず、「Plan」で計画や方針を打ち立て、実現可能な実行計画をつくります。次に、「Do」で「Plan」に従って、実行しながら計画の進捗度を測ります。次に、「Check」で、目標の達成度、成果、手順などを評価し、成功・失敗の原因を分析します。最後に、「Action」で、「Check」で得られた改善点を、次の計画にフィードバックします。

そして再び、「Action」で得られたフィードバックをもとに、「Plan」をつくります。以降、このサイクルを繰り返していくことで、業務改善が行えるのです。

 知っておきたい点として、「PDCAが破綻してしまう原因」があります。
「P」は、目標や計画が曖昧だったり、あまりに大き過ぎたりすると破綻の原因になる。
「D」は、目標や計画を打ち立てたのに実行されないと破綻の原因になる。
「C」は、やったはいいが、検証も評価もされないと破綻の原因になる。
「A」は、失敗や反省が反映されず、同じやり方をしてしまうと破綻の原因になる。

最後に

以下のようなフレームワークをご紹介しましたがいかがでしたか?

  • ロジックツリー
  • SCAMPER
  • SMARTの法則
  • ピラミッドストラクチャー
  • PDCA
  • SWOT分析

分析や資料作成などの不慣れな分野の仕事にチャレンジするとき、「***(分野の名前) フレームワーク」を検索したり、先輩に何かオススメのフレームワークや考え方ありますか?と聞いてみると、仕事の質がグッと上がると思いますよ。ぜひチャレンジしてみてください!


新規CTA
新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「アルゴリズム」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!