Excelプルダウンのエラーメッセージ設定方法

 2024.07.03  株式会社システムインテグレータ

 

Excelのプルダウンで、選択肢の一覧にない項目名を入力した場合に、デフォルトではエラーメッセージが表示されます。
「選択肢の一覧にない項目が入力されたときはエラーメッセージを出したい!」や「エラーメッセージが表示されて入力ができない!」という場合には、プルダウンのエラーメッセージ設定を確認してみましょう。

プルダウンのエラーメッセージ例

入力ミスが発生した場合、プルダウンにエラーメッセージを表示してユーザーに正しい入力を促すことができます。これにより、データの正確性を向上させることができます。

例えば、ユーザーがプルダウンから「東京」を選ばずに、手入力して変換ミスで「と今日」と入力した場合、errormsg_01

エラーメッセージを表示することで入力ミスを防止することができます。

 errormsg_02

エラーメッセージを表示する方法

1.プルダウンを設定したセルを選択し、「データ」タブから「データの入力規則」をクリック
2.
「エラーメッセージ」タブを選択し、「無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する」にチェックを付けて、「OK」をクリック
(デフォルトではチェックが付いている状態です。)

errormsg_03

エラーメッセージを非表示にする方法

例えば、プルダウンにない、新しくできた支店名を手入力しようとした場合、エラーメッセージが表示されないように(手入力ができるように)設定をしておくことができます。

errormsg_04

1.プルダウンの設定されたセルを選択し、「データ」タブから「データの入力規則」をクリック
2.
「エラーメッセージ」タブを選択し、「無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する」のチェックを外し、「OK」をクリック

errormsg_05

まとめ

本記事では、Excelプルダウンのエラーメッセージ設定方法について説明しました。プルダウンリストを使用することで、データ入力の一貫性と正確性を確保することができます。エラーメッセージの表示方法や非表示にする方法を理解し、適切に設定することで、入力ミスを減らし、効率的なデータ管理が可能になります。エラーメッセージ設定を状況に応じて適切に使っていきましょう。

ビッグデータ時代の必須科目 SQLの教科書(初級編)

RELATED POST関連記事


RECENT POST「テクノロジー」の最新記事


テクノロジー

Excelマクロの基本的な使い方を具体例でご紹介します

テクノロジー

XLOOKUP関数の使い方、具体例と実践方法

テクノロジー

VLOOKUP関数の使い方・具体例|複数条件での検索方法なども解説します!

テクノロジー

Excelで日付から曜日を入力する方法

Excelプルダウンのエラーメッセージ設定方法

TOPSIC TOPへ

TOPSIC-SQL4コマ漫画

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事