Excelの日付・文字列を扱う関数をご紹介します。

 2024.05.31  株式会社システムインテグレータ

 

Excelによるデータの集計・分析では、アウトプットを上手に見せるための工夫も大切です。今回はExcel上での表現力をより高めるのに重要な日時や文字列に関する関数を解説していきます。

NOW関数:現在の日時を表示

NOW関数は、現在の日時を表示します。
印刷物や日付+時刻を印字または表示したい作業があるときに便利です。

dateletter01

TODAY関数:本日の日付を表示

TODAY関数は、現在の日付を表示します。
Excelファイルを開いた際に、日付を常に最新化した状態で表示したい場合に便利です。

dateletter02

LEN関数:文字の長さ

LEN関数は、指定された文字列の長さを返します。
例えば、「=LEN(B2)」と入力すると、セルB2に入力された文字列の文字数が返されます。報告書やアンケートで文字数をカウントする場合などに便利です。

dateletter03

LEFT関数:左から文字を抜き出す

LEFT関数は、指定された文字列の左側から文字列を取得します。
例えば、「=LEFT(B2,9)」と入力すると、セルB2に入力されている文字列について左から9文字分の文字列を求められます。
一例ではありますが、郵便番号を抜き出す時などに便利です。

dateletter04

MID関数:間の文字を抜き出す

MID関数は、指定された文字列から指定位置から指定文字数分の部分文字列を抽出します。
例えば、「=MID(B2,11,3)」と入力すると、セルB2の文字列から11文字目から3文字分の文字列が求められます。
規則的に並んでいる文字列の間を抜き出したいときに便利です。

dateletter05

RIGHT関数:右から文字を抜き出す

RIGHT関数は、指定された文字列から右側の文字列を取得します。
例えば、「=RIGHT(C2,4)」と入力すると、セルC2に入力されている文字列について右から4文字分の文字列を求められます。
以下の例を見てわかるように、LEFT関数などと組み合わせて使うことで大きな効果を発揮する場面も多い関数です。

dateletter06

(豆知識)ときどき目にする謎の数字

Excelを使っていると必ずと言っていいほど遭遇する謎の数字、、、4から始まる5ケタの数字は、「シリアル値のまま表示されてしまった日付」である可能性が大です。
その場合、「表示形式」をシリアル値 ⇒ 日付形式 へと変更する必要があります。

dateletter07

ツールバーの表示形式から「日付形式」をそっとクリックしましょう。

dateletter08

もともと入力してあった日付が表示されるはずです。

dateletter09

まとめ

今回は以下のような基本的な関数をご紹介しました。

・NOW関数
・TODAY関数
・LEN関数
・LEFT関数
・MID関数
・RIGHT関数

このあたりの関数を自由にExcel上で使いこなせると、表現力がアップすること間違いなしです。慣れてきたら、複数の関数を組み合わせて使うことにもチャレンジしてみましょう。

ビッグデータ時代の必須科目 SQLの教科書(初級編)

RELATED POST関連記事


RECENT POST「テクノロジー」の最新記事


テクノロジー

Excelマクロの基本的な使い方を具体例でご紹介します

テクノロジー

XLOOKUP関数の使い方、具体例と実践方法

テクノロジー

VLOOKUP関数の使い方・具体例|複数条件での検索方法なども解説します!

テクノロジー

Excelプルダウンのエラーメッセージ設定方法

Excelの日付・文字列を扱う関数をご紹介します。

TOPSIC TOPへ

TOPSIC-SQL4コマ漫画

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事