WMSとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

WMSとは、「Warehouse(倉庫)」と「Management System」を合わせた語句の略語であり倉庫管理システムを指す言葉です。製造業においての原料・部品や製品倉庫、小売業の商品倉庫やサービス業の保守部品倉庫を対象に導入されるシステムです。多くの企業で導入されている基幹システムにも商品や備品を管理するツールが組み込まれていますが、これらは在庫数を把握するためだけに存在するのに対して、WMSは入出荷や保管など現場の倉庫で行われている庫内物流の効率化および正確性を向上させる働きがあります。

ECサイトの視点からするとWMS導入のメリットは、本来の目的である庫内の商品管理に加えて販売機会をロスしないために役立つことと言えます。在庫管理を適正に行うことで、売り逃しを防ぐことが期待出来ます。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事