アップセルとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

アップセルとは、顧客当たりの売上単価を上げるためのアプローチのことで、ECサイトでは頻繁に用いられています。自社商品の購入を検討している、もしくは過去に商品を購入したことがある顧客に対して、その商品よりもさらにグレードの高いものを勧め、顧客当たりの単価を上げる手法です。主に新規よりも既存の顧客を相手として行われています。アップセルを達成するには、お試し版を用意したり、一定額以上の購入で割引にしたりする、というような方法が挙げられます。タイミングとしては、「まだ購入するか決めていないけれども、前向きに購入を検討している時」が最適でしょう。

アップセルを達成することができると、顧客数は増えなくとも総売上額が増えます。新規顧客を獲得するのには多くのコストがかかるため、アップセルにより顧客当たりの売上単価や利益率が向上することは、とても効率が良いのです。したがって、商品やサービスのジャンルに関係なく、様々な企業に活用されています。

新規CTA