トレーサビリティとは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

トレーサビリティとは、商品の流通経路が生産段階から最終消費段階、あるいは廃棄段階まで追跡可能であること、またはその仕組みのことを指します。日本語では「追跡可能性」と言います。ECサイトの運営においてトレーサビリティをしっかりと機能させることは、商品への安全性を確保し、消費者の信頼を得るためにも、重要でありスタンダードな取り組みであると言えます。

商品の消費段階や廃棄段階までを把握することは困難であるとしても、生産段階から消費者の元に届くまでを把握することは充分に可能であると言えます。商品が生産され自社へ届く過程では、他社の関わりもあるためその流通経路を把握することは容易ではありませんが、生産過程でのチェックを設けたり、納品時の検品作業を厳格に行ったりすることにより、不良品の発送を防ぐことができるでしょう。また、発送から消費者の元に届くまでは、運送業者の追跡サービスの利用などにより、トレーサビリティを確保することができます。

新規CTA