特定商取引法とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

特定商取引法とは 、事業者の不適正な勧誘や取引を防ぐために行為の規制や、トラブルを事前に防ぐためのクーリングオフ制度等を定めたものです。特定商取引法の目的は、訪問販売や通信販売、いわゆるねずみ講といった消費者トラブルの起こりやすい取引形態を対象に、取引の適正化および消費者保護や健全な市場を形成することです。

ECサイトにおいても、適正な取引とトラブル防止のために適用されています。販売価格や送料・手数料などの費用、代金の支払い時期・方法、商品の引き渡しの時期など、特定商取引法に基づく表記として記載しなければなりません。返品条件が記されていない場合は、クーリングオフ制度も適用されます。ECサイトも、特定商取引法によって取引の健全化を図られているのです。

新規CTA