セグメンテーションとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

セグメンテーションとは、ある軸をもとに市場(消費者)を細分化することです。世の中のニーズが多様化しているため、市場全体に向けたマーケティングでは非効率な時代になっています。ECサイトなどでも、購入や利用の可能性の高いターゲットに絞り込むためにセグメンテーションをするのです。よく使われる軸としては、「地理的変数」「人口統計分布」「心理的変数」「行動変数」があります。

単なる細分化では適切なセグメンテーションによるターゲティングはできません。該当商品やサービスにとって、もっとも効果の上がるセグメントを見つけ出すには、4つの条件があるといわれています。「Rank:ランク付けできているか」「Realistic:有効な規模か」「Reach:的確に到達できるか」「Response:反応を測定・分析できるか」です。

現代のマーケティングには、適切なセグメンテーションによる的確なターゲティングを行った上で、最適なポジショニング(差別化戦略)を図っていく必要があります。これにより、営業やマーケティングの効率化やコスト削減効果が見込めるのです。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事