ROIとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

ROIとはReturn on Investment(リターンオンインベストメント)の略語で、投資した資本に対してどれだけの利益が得られたかをあらわす指標、投資利益率のことをいいます。ROIはパーセンテージであらわされ、計算の仕方は投資によって得られた利益額÷投資額×100で算出されます。例えば投資によって得られた額が100万円だとして、投資額が50万円だとするとROIは200%となります。ROIの数値が高いほど投資効果が上がっているという証拠ですので、望ましい状態だといえるのです。

ROIはよく広告においての効果を測る指標として用いられます。広告によって得られた利益÷広告費用で算出され、わかりやすい形でその効果が見えるからです。また、ROIはECサイトの広告においても重要となります。例えば、広告費にどれだけかけて広告経由で商品を何個売り、1個あたりの平均利益がいくらかわかれば、その広告費に対してどれだけ利益が出たのかがわかるのです。さらに、ROIはインターネット広告の場合、利益部分を平均利益額×コンバーション数として計算する場合もあります。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事