リターゲティング広告とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

リターゲティング広告とは、広告主のECサイトを1度でも閲覧したユーザーにGoogleやYahoo!などの様々なメディア媒体にバナー広告やインフィード広告などを繰り返し表示させて配信する手法のことです。主な目的は、広告主のECサイトに1度訪れたが購入せずに離脱したユーザーにもう一度広告主のECサイトに戻ってきてもらい購買につなげることです。

ECサイトでリターゲティング広告を行うために、各メディア媒体からそれぞれ共有されるタグをECサイトに埋め込む必要があります。これは、ECサイトを1度でも閲覧したユーザーにcookieを付与するために必要になります。Cookieとは、Webブラウザからサイトを閲覧したユーザーの使用端末に何かしらの情報を保存させる仕組みのことです。リターゲティング広告では、その仕組みを活用してユーザーのECサイト閲覧履歴を保存させています。各メディア媒体は、そのCookie情報を識別することで広告主のECサイトを1度でも閲覧したユーザーのみにメディア媒体内でバナー広告やインフィード広告を表示することを可能としています。

新規CTA