ポップアップ広告とは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

ポップアップ広告とは、Webサイトにアクセスしたときに自動的にウインドウが開いて表示される広告のことです。ECサイトでいうと、自社のサイト内に他社の広告を出すことはあんまり考えられないので、お知らせしたいことをポップアップの形で表示する、という文脈で使われることが多いかもしれません。自社の広告が他の媒体でポップアップで表示される、ということはあり得ますが、どういう形で表示するかはこちら側でコントロールしきれるものでもないので、あまり気にすることはないのかもしれません。

ポップアップ広告には、サイトにアクセスすると同時に画面中央に出てくるタイプのものや、画面の右下や左下に表示されるものがあります。Webを開いているウインドウの手前に現れるためよく目立ち、ユーザーに見落とされることはありません。
タイムセールやキャンペーンを知らせるために、ポップアップ広告を用いているECサイトもあります。

ポップアップ広告でセール情報などを告知し、広告をクリックするとセール内容を詳しく記載したページに飛ぶようにすれば、ユーザーをスムーズに誘導することが可能です。
しかし、サイトにアクセスするたびに毎回のようにポップアップ広告が出てくるなど、あまりに多用しすぎるとユーザーに煙たがられてサイトから離脱されるリスクもあるので注意してください。
ユーザー心理をくみ取って適切に使えば、サイト訪問者の購買意欲を高めることができるツールになります。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事