個人情報保護法とは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

個人情報とは、個人を特定できる氏名及び住所や年齢などのことです。個人情報保護法とは、個人情報に関して本人の権利や利益を守るため、個人情報を取り扱う企業などに一定の義務を課すことを目的とした法律です。違反した場合は行政命令の対象となるため、これに従わないと罰則規定(6か月以下の懲役または30万円以下の罰金)があります。2003年5月に成立、2005年4月より全面施行されてきましたが、2018年9月に改正法が成立し、2020年から施行されます。

ウェブサイト上で商品やサービスの売買を行うECビジネスは、個人情報を取り扱う機会も多く、事業を行う上で個人情報の取り扱いは非常に重要とされています。利用者から個人情報を預かる場合は、最大限にその利用目的を開示し、利用者本人の同意なしに第三者に情報を提供することは許されません。ECビジネスの発展スピードは速く、便利になっていく一方で、情報漏洩のリスクも大きくなり、個人情報取り扱いについて世間の注目も高まっています。

新規CTA