オプトアウトとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

オプトアウトとは、個人情報を取り扱う事業者が、ユーザーにあらかじめ個人データを提供することを通知した状態にしておき、個人がそのことに反対をしない限り、同意したものとみなして個人情報の第三様への提供を認めることを意味しています。言い換えれば、個人の許可なく宣伝などを目的としたメールを送付することを指します。同時に、ユーザーがそれらの受け取りを拒否することも意味し、サイトからのメールマガジンの配信停止などが該当します。オプトアウトについては、個人情報保護法によって制定されています。

ECサイトにおいて、ユーザーが自由にダイレクトメールなどの配信を停止できるように、オプトアウトの方法を必ず明記しないといけません。もし、怠ったり、ユーザーの承諾を得ずにメールを送付した場合、迷惑メールとみなされてしまいます。そして、法人の場合は最大3000万円の罰金などを支払わなければならない恐れがあります。それを防ぐためにも、ECサイトにはメールマガジンの最後に配信停止の方法を記載するなどの必要があります。

新規CTA