オムニチャネルとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

オムニチャネルとは全ての流通経路においてユーザーの望む時間に望む場所へ望む商品を届ける戦略のことを指し、企業側としては販売機会のロスを減少させたり、ユーザーの満足度をアップさせたり、リピート率を上げるなどのメリットが期待できます。従来、企業は販売機会を拡大するためECサイトなど複数の販売チャネルを用意してきましたが、他の販売チャネルと連携していないため顧客の情報が一元化されていないという問題点がありました。

そこで全ての販売経路を統合することでデータを統一し、管理することで企業は顧客を一元的に管理することが可能になり、顧客は実店舗であろうとECサイトであろうと販売チャネルを気にすることなくいつでもどこでも同じように商品を購入できるようになります。また、ECサイトの問題点として実店舗のショールーム化が指摘されてきましたが、オムニチャネルの導入は、実店舗を排除するものではなく実店舗での体験をECサイトの購買に誘導するもので実店舗のショールーム化を防止する役目も担っていると言えるでしょう。

新規CTA