OtoO(O2O)とは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

OtoOとは、Online to Offlineの略で、ネットで情報を得た上で、店舗を訪れて商品を購入するという、消費者の動きを指します。主にECの分野で、ネット情報から実際の消費行動に向かわせるマーケティングについて言うときに使用される言葉です。ほかに、O2O、On2Offなどという表記の仕方も存在します。

OtoOという言葉は比較的最近登場しましたが、ネットからリアルへという動き自体は、インターネットが発展してきた当時からありました。ウェブサイトで下調べした商品を、店舗で実際に使用感を確かめて購入する、あるいは、ウェブ上で入手したクーポンなどを店舗で使用するなどがOtoOの例としてあります。これらの動きは、消費者のウェブ上での能動的な行動によるものですが、ほかに、位置情報システムを利用して、移動する消費者のスマートフォンなどに、近くの店舗の広告を表示することにより、その存在を認知させるという例もあります。これは比較的新しいケースです。また、ウェブ上で予約・注文して、店舗で商品を受け取ったりサービスを受けたりするのもOtoOの一つと考えることもできます。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事