レイトマジョリティとは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

1962年、アメリカの社会学者であるエベレット・M・ロジャース氏は、新商品が登場した際の消費者の行動を5つのタイプに分類しました。その1つがレイトマジョリティです。レイトマジョリティは、周囲の大半が試用している状況を踏まえた上で、新商品を手にする行為を意味しています。この行為が定着している人は、市場全体の約34パーセントを占めているため、ECサイトを展開する上でキーパーソンとなるでしょう。但し、懐疑的な考え方を持っている傾向が強いので、レイトマジョリティにサイトを認知してもらうことは容易ではありません。

先ずは、流行に敏感な消費者を取り込む必要があります。影響力や発信力が大きいセレブリティを顧客に抱えることができれば、自然と認知率が高くなるでしょう。しかし、長年にわたって開発した画期的な商品だったとしても、コストパフォーマンスが悪い場合は売り上げアップを望みにくいです。新しいものを即座に入手する方とレイトマジョリティの間には大きな溝があり、この溝を埋められなければ市場から自然消滅してしまう可能性が高いです。

新規CTA