インサイドセールスとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

インサイドセールスは見込み顧客にメールや電話などで連絡をとって、直接対面せず行う営業手法です。外回りをせずに社内で行われる営業のためインサイドセールスと呼ばれています。インサイドセールスの主な目的は見込み顧客の育成にあります。見込み顧客と一言で言っても、そのなかには商品購入を本気で検討している人もいれば、複数ある商品の中の候補の一つ程度にしか考えていない人もいます。購入に前向きな顧客には直接対面にしての商談にもっていけるように働きかけ、購入にそれほど熱心でない顧客にはアピールをして購買意欲を高めるといったアプローチをしていくのです。

インサイドセールスは見込み顧客だけではなく、既存顧客に対しても商品の継続利用をお願いする形で活用されています。インサイドセールスの発展型として、BtoB ECサイトを活用した営業活動の効率化を検討する企業も増えてきています。

新規CTA