インコタームズとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

インコタームズとは、貿易条件に関する定義のことです。1936年に国際商業会議所が策定し、改正をしながら最新版を更新しています。インコタームズができた経緯は、売買取引をするお互いの国で解釈が異なり、円滑に貿易ができなかったからです。そこで、国際貿易における運賃や保険料・損失責任などの定義を決めています。ただし、インコタームズには強制力があるわけではなく、任意規則です。よって、インコタームズを取り入れる場合は、「本契約はインコタームズによって解釈する」などの文章を契約書に記載します。

ECサイトを運営している場合は、海外から直接輸入する可能性があります。その場合は、インコタームズに沿って契約をするといいでしょう。インコタームズは、責任の範囲をあらかじめ決めておくことで、事故後のトラブルも回避できます。インコタームズには11種類の条件があり、どれを選択するかで費用負担も異なるでしょう。例えば、「EXW」という条件では、工場から出荷した後の責任は、全て買主になります。よって、輸送費やトラブル責任は売主にかかりません。

新規CTA