エンゲージメントとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

エンゲージメントは、企業とユーザーの関係性を示す言葉としてよく使われます。また、エンゲージメント率は、企業のECサイトやツイッター・FacebookなどのSNSページで、投稿に対する積極的な消費者の反応の値を示すときに使用されます。エンゲージメント率は、より良いエンゲージメントを構築するために欠くことができない指標の一つです。エンゲージメント率は、ユーザーの総数で反応したユーザーの数を割ると出せます。例えば、ECサイトのサービスや商品に対して、SNSのページで100人中30人のユーザーがコメントやいいね!ボタンを押せば、エンゲージメント率は30%になります。

インターネット社会といわれる現代において、ECサイトでの商品の売れ行きを促進するためには、SNSを活用しないと難しくなっています。なぜなら、ユーザーの興味のある商品や特徴を理解することで、ユーザーの心が自社ECサイトの商品が一番と定着してくれる結果に繋がるからです。多くのユーザーが利用しているSNSを最大限に活用し、自社商品の魅力や特徴をアピールしていくことが、販売を促進する手段となります。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事